隠れ家カフェ、ハイソな生活…… よくわからないまま使っている日本語


「隠れ家カフェ」や「きれいめカジュアル」など、合っているかどうかよく分からないまま使っている日本語たち。雑誌などで見かけることも多いですが、なにが言いたいのかはっきり伝わらないまま、「あーそういう系かー」なんて無理に納得しようとしていませんか。マイナビニュース会員に、実はよく分からないまま使っている日本語について聞きました。



調査期間:2012/7/27〜2012/8/1

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■食事にまつわる言葉



・「『おふくろの味』。どんな味なのかはっきり分からないけど、自分の親の味を指しているわけではない」(27歳/女性)



・「『ダイニングバー』。よく行くけど、『レストラン』と『ダイニングバー』の違いが分からない」(25歳/女性)



・「料理本に書いてある『とろみが付く』という状態が、どういう状態なのかよくわからない」(25歳/女性)



グルメ本などに登場することの多い言葉たちがずらりと並びましたが、食事関係は実際に食べてみたり足を運んでみたりしなければ、正確な情報は得られないのかもしれません。



■雰囲気を表す言葉



・「『サイケデリックな感じのファッションだね』と言ったら、それは違うと言われた。それ以来、『サイケデリック』が分からない」(22歳/男性)



・「『北欧風』。北欧風の雑貨を買ったら中国製だったので、何を信じていいのか悩む」(39歳/女性)



・「『アバンギャルド』。なんとなく激しそうなイメージのときに当てはめている」(29歳/女性)



人によってとらえ方が違う雰囲気を形容する言葉。筆者はヘヴィ・メタルやパンクロックの違いを何度聞いてもわかりません。



■人に対して使う言葉



・「『アンニュイな雰囲気』。けだるそうな人に使うけど、けだるそうという定義もよく分からない」(24歳/男性)



・「男子の言う『癒やし系』の定義が分からない。かわいい子全員に言っている気がする」(30歳/女性)



・「『世捨て人』。どの程度、世を捨てた人のことを指すのか分からない」(28歳/男性)



使い方によっては相手に嫌われてしまいかねない言葉。あいまいな言葉を使うなら、「優しそう」など、当たり障りのない言葉を使うことをオススメします。



■カタカナの乱用はやめてほしいと思う言葉



・「『レトロでモダンな』という意味不明な形容をしたことがある」(30歳/男性)



・「爆笑できなかったコントを『シュールだ』と言うと『確かに』と言われるので、自分の感覚だけが頼り」(22歳/男性)



・「『ハイソな生活』。どんな暮らしか分からないけど、今の自分からはかけ離れた暮らしだということだけはわかる」(36歳/男性)



ほかにも、「コンサルティング」(23歳/男性)や「オリエンタル」(31歳/女性)がわからないという意見も。カタカナを使えばいいってものじゃないのですが、カタカナで喋(しゃべ)るとそれっぽく聞こえるのも事実です。



よく分からないまま使っても、なんとなく通じてしまうから不思議ですが、きっとみんな同じようによく分かっていないのではとも思います。もしかすると使い続けることで、そのあいまいだった意味が明確なものに形作られていくのかもしれませんね。



(山本莉会/プレスラボ)