ミッドセンチュリー・モダンの草分け 新宿でイームズ夫妻の生涯辿る展覧会

写真拡大

 ミッドセンチュリー・モダンを牽引したアメリカのデザイナー夫妻チャールズ&レイ・イームズの生涯をたどる展覧会「essential EAMES(エッセンシャル・イームズ)」が、新宿で12月7日から開催される。主催はハーマンミラージャパン。会場では「20世紀に最も影響を与えたデザイナー」と称されるイームズ夫妻による、建築からフィルム、家具、おもちゃまで多岐にわたるプロダクトを展示し作品世界の魅力に迫る。会期は2013年1月15日まで。

イームズの軌跡辿る展覧会の画像を拡大

 ミッドセンチュリー時代に新たなデザインの潮流を作り上げたチャールズ&レイ・イームズの展覧会「essential EAMES」は、夫妻の孫イームズ・デミトリオスにより2004年に出版された書籍「イームズ入門 ― チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景」の内容をもとに会場を構成。著者監修のもと、資料や実物の作品展示を通じてイームズのデザイン哲学や精神を発信する。同展はカリフォルニアのイームズ・オフィスを皮切りに、2011年9月に香港、2012年1月にジャカルタと各国を巡回。今回、新宿の「リビングデザインセンターOZONE」を会場に日本に初上陸する。

 「essential EAMES」を開催するハーマンミラーは、ジョージ・ネルソンが同社のデザインディレクターに就任した1946年からチャールズ&レイ・イームズの作品を展開。イサム・ノグチやアレキサンダー・ジラードなど、同社が手がける優れたデザイナーの作品とともに世に送り出されてきた。2013年春には、夫妻の側面を辿るドキュメンタリー映画「ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ」も日本初公開を予定している。

■essential EAMES
 会期:2012年12月7日(金)〜2013年1月15日(火)
 時間:10:30〜19:00
 ※水曜日(祝日を除く)、2012年12月26日〜2013年1月3日 冬期休館
 会場:リビングデザインセンターOZONE(3階 OZONEプラザ)
 住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
 TEL:03-5322-6500
 入場料:無料
 主催:ハーマンミラージャパン株式会社
 特別協力:リビングデザインセンターOZONE
 http://www.ozone.co.jp/

■問い合わせ
 ハーマンミラージャパン株式会社
 TEL:03-3201-1830
 http://www.hermanmiller.co.jp/