パッケージイラストの刀は「なぎみそ」氏が担当

写真拡大

ヤマハは2012年10月19日、「VOCALOID(ボーカロイド)3」に対応した男性歌声ライブラリー「VOCALOID3 Library VY2V3」を発売する。価格は、9800円。

「よりクリアで自然な歌声を合成」

2003年にヤマハが開発した「VOCALOID」は、歌詞とメロディー(楽譜情報)を入力するだけで楽曲のボーカルパートを制作できる歌声合成技術および、その応用ソフトウエアのことをさす。

今回登場する「VOCALOID3 Library VY2V3」は、「VOCALOID2」の男性歌声ライブラリー「VY2」の後継となる、「VOCALOID3」の歌声ライブラリー。「VY2」の歌声の主を引き続き起用し、「VOCALOID3」用に声を追加録音することで、「VY2」の声質はそのままに、「よりクリアで自然な歌声を合成できる」という。

また、通常の男性声の音域をベースに制作した「スタンダード」と、男性声の裏声をベースに制作した「ファルセット」の2つのライブラリーを同梱することで、これまで以上に幅広い音域をカバーしている。

初心者向けに「VOCALOID3 Editor」とセットになったスターターパック「VOCALOID3 Starter Pack VY2V3」(1万7800円)も同日発売される。