【男性編】会社にかかってきたプライベート電話の対応ランキング


上司の目が気になります





仕事に集中しているときに、突然プライベート電話がかかってくると困りますよね。緊張感のない相手から電話がきたら、調子が狂ってしまいそう。そんなときでも仕事ができる人は、落ち着いて対処できているようですが、皆さんはどんな風に話して電話を切っているのでしょうか? 男性428名に聞いてみました。





Q.会社にかかってきたプライベート電話の対応を教えてください(複数回答)

1位 「後でかける」と言う 33.6%

2位 いったん切って、あとからかけなおす 13.1%

3位 すぐに出る 11.7%

4位 取りあえず用件を聞く 10.8%

5位 仕事が終わってから、ゆっくりかける 10.3%







■「後でかける」と言う

・「病院勤務だから」(22歳/医療・福祉/専門職)

・「昼休みや就業時間後にかけ直します」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

・「仕事中はできればやめてほしい」(27歳/機械・精密機器/営業職)

・「タイミングの良いときにかけなおす」(31歳/情報・IT/営業職)





■いったん切って、あとからかけなおす

・「席を外して階段などでかける」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「身近に上司がいないときはともかく、もしいる場合はそうせざるを得ない」(28歳/食品・飲料)

・「相手に不快感を与えずに済みそうであるから」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)





■すぐに出る

・「できる限り早めにでます」(29歳/情報・IT/技術職)

・「病気とかケガとか重要な連絡である可能性もあるので」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「プライベートな電話じゃないフリをしながら話す」(46歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)





■取りあえず用件を聞く

・「緊急である可能性があるので、取りあえず用件を聞く」(28歳/自動車関連/技術職)

・「エピソードはまだないが、普通に電話に出ると思う」(25歳/情報・IT/技術職)

・「用件を聞いて、その後の対応は臨機応変に」(36歳/その他/事務系専門職)





■仕事が終わってから、ゆっくりかける

・「しっかり話したいから」(43歳/ソフトウェア/技術職)

・「仕事中は仕事に専念するのが社会人の常識だと思うから」(30歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「自分のペースで仕事がしたいので、プライベートの電話は仕事の後です」(29歳/食品・飲料/営業職)





■番外編:電話はかかってこない、または電話には出ない

・「出ない。新入社員で気まずいため」(24歳/運輸・倉庫/技術職)

・「そもそも私用電話がかかってこないから」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「仕事場兼自宅なので、公私の区別はけっこうあいまい」(25歳/その他/クリエイティブ職)





総評

1位は「『後でかける』と言う」でした。皆さん、仕事とプライベートの切り替えがキッチリできているようで、あまり仕事中にプライベートの電話はしないようにしているみたいです。





ただし、プライベートの電話とはいえ、3位の「すぐに出る」のように、緊急の連絡の場合も時にはあるでしょう。4位「取りあえず用件を聞く」のように、一応出て話を聞くという声も目立ちました。





2位の「いったん切って、あとからかけなおす」や5位の「仕事が終わってから、ゆっくりかける」のように、プライベートの電話がかかってきたら、人の目を気にしないで良い場所でかけるのが落ちつくようです。





急に電話がかかってきたら仕事は中断されるし、集中力が途切れるから困るという人も多いと思います。でも、もしかしたら急用のこともあるから、そんなときはちょっと気持ちに余裕を持って対応できるといいですね。あまりカリカリしないほうがいいのかもしれません。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)





調査時期:2012年8月11日〜2012年8月16日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性428名

調査方法:インターネットログイン式アンケート