【Fashion Week DAY1】東京的ストリートMIXを大人に仕上げたファセッタズム

写真拡大

【ファッションウィーク東京・ハイライト 1日目】ファッションイベント「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013 S/S(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京 2013 S/S)」初日を迎えた10月13日、オープニングを飾った「FACETASM(ファセッタズム)」をはじめ「mercibeaucoup,(メルシーボークー、)」、「sunaokuwahara(スナオクワハラ)」の3ブランドが2013年春夏の新作コレクションを発表した。そのほか都内や近郊で、ファッションイベントの開催が相次いだ。

【東コレ1日目】ファセッタズム、メルシー、スナオクワハラの画像を拡大

 「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」のメイン会場は、今シーズンより六本木「東京ミッドタウン」から「渋谷ヒカリエ」に変更。スペシャルゲストとして安室奈美恵が登場したオープニングセレモニーに続き、開幕を飾るオープニングショーとして「FACETASM」による3回目のランウェイショーが開催された。潔い色や意外性のある素材の融合、巧みなレイヤードなど、「FLAVOR」というシーズンテーマがそれぞれの個性を現すようなスタイリングの存在感は抜群。メンズ・ウィメンズ共にパワフルなストリート感覚のミックスは健在だが、グラマラスな魅力が加わって少し大人の雰囲気だ。なお、ショーをフロントローで観覧した安室奈美恵が着用していたレオパード柄のドレスも「FACETASM」。

 「mercibeaucoup,」のショーは、「サンリオピューロランド」内の妖精の森「フェアリーランドシアター」で開催された。テーマは「インド」。終了後には毎シーズン恒例のイベント「メルシー祭り」がスタートし、デザイナー宇津木えりとハローキティがホスト役になって顧客らとゲームを楽しんだ。「sunaokuwahara」もプレゼンテーションに顧客を招待し、パーティーではスペシャルアイテムのカスタムオーダーブースを設けた。

 同日、丸の内ではメインストリートをランウェイにしたファッションショー「Marunouchi Runway(丸の内 ランウェイ)」、さいたまスーパーアリーナでは「第15回 東京ガールズコレクション 2012 AUTUMN/WINTER」が開催され、これらのイベントでは今すぐ着れる秋冬シーズンのスタイルが提案された。


■最新コレクションレポート
 【映像・画像】コレクション一覧:http://www.fashionsnap.com/collection/