<Fabloid>が厳選した、映画関連のニュースをお届けします!


次回作では「自分に自信のない女性」に?
先日結婚式を挙げたばかりのアン・ハサウェイ。仕事面も相変わらず順調で、新たな作品に主演することがわかった。

タイトルは『ザ・ロウ・セルフ・エスティーム・オブ・リジー・ギレスピー/The Low Self-Esteem of Lizzie Gillespie(直訳:リジー・ギレスピーの低い自尊心)』。脚本を手がけたのはミンディ・カリングとブレント・フォレスター。カリングは人気ドラマ『ザ・オフィス』のケリー役でも知られ、女優と製作者の両方で活躍している。映画では精神的にひどく不安定な女性リジー(ハサウェイ)が、非常に魅力的な男性に初めて求愛されたことに戸惑う様子が描かれるようだ。

『レ・ミゼラブル』舞台裏の映像

オスカー俳優が巨匠ヒッチコックに
1991年の映画『羊たちの沈黙』の怪演で、アカデミー主演男優賞を手にしたアンソニー・ホプキンス。彼がハリウッドの巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督に扮した『ヒッチコック/Hitchcock』の予告編が公開された。

同作は1960年の代表作『サイコ』製作の舞台裏を描いたもの。ヒッチコックになりきるホプキンスのほか、彼の妻アルマ・レヴィルをベテラン女優のヘレン・ミレンが、『サイコ』の主演女優ジャネット・リーをスカーレット・ヨハンソンが演じている。アメリカでの公開は11月23日。日本公開は未定。

『ヒッチコック』予告編第1弾