遠くて近づけないこともある

写真拡大 (全8枚)

外蛇口が近づけないほど遠い場所にあることは稀だ。
実際に見つけたらそこに近づけばよいのだ。
しかし、場合によってはままならない時もある。家庭の庭の奥だったり、立入禁止だったり、
電車の中からみかけたものだったり。
見えるけど近づけないものはもどかしい。

例えばこれ。
建物の2階にあるので、どうやっても近寄れない。
それ以前に実際に使うときが大変そうだ。

これなんか、抜群に敷居が高い。
扇橋閘門というパナマ運河のような場所にあり、
しかも水門のゲート部分に設置されている。
この日は一般公開で近寄ることはできたが、
勿論、門の上は行くことができなかった。
レア蛇口だ。

バスから見かけた時も遠さを感じる。
真横に見えているんだけれど、
望遠にする余裕がなく過ぎ去ってしまう。
一瞬の出会いなのだ。

こういう場合もちょっと近づきにくいので、
ちょっとばかし遠巻きに見ることになる。

洗車機の中をずかずか入りたい衝動にかられるが、
ここはさすがに近寄れない。
この時持っていた機材ではこれが限界だった。

ブロック塀の間近まで行きたい!!
のであるが、やはりここも近寄れず。
元々、そんなに望遠で撮ることが少ないこともあるが、
特に外蛇口は近寄ることが多いのでむしろ広角気味である。
ワイドなレンズで届かないことは珍しいのだ。

なので、たまに現れる遠くの外蛇口は
「その手があったか!!」となり新鮮でもある。

ガソリンスタンドも中に入りづらい。
自分や友人の車で給油しているならまだしも、
たまたま歩いている人が入るには敷居が高い。
そのため、こんな控えめな感じになる。
奥の直付けダブルは相当すごい!!

手前にバリケードがあると入りにくいが、
見つけたときの距離感はこのくらいなことが多い。
いつもは近寄って見ているものでも
たまには遠くから見るのも新鮮である。

いつも見ている距離を変えてみることで
新しい発見があったら面白いものだ。