引っ越しを手伝って、“思い出に残った”エピソードって?

写真拡大

引っ越しのときは何かとお金がかかり、作業も膨大。

友人に荷造りを手伝ってもらい、運搬を頼めれば、労力もコストもダウンできますね。

実際、友人の引っ越しを手伝った際にどんな思い出があるのでしょうか。

マイナビ賃貸では、マイナビニュース会員の働く男女500人にアンケート調査を行い、友人との引っ越し作業のときのエピソードについて聞いてみました。

■打ち上げが目的!? 引っ越しのお手伝いで楽しかったエピソード「作業後に焼き肉食べ放題に連れて行ってもらった」(男性/東京都/34歳)「ひと仕事終えたあとのビール」(男性/東京都/25歳)「終わったあと、新居で飲み物を飲みながら歓談したこと」(男性/大分県/25歳)引っ越し作業よりも、その後の慰労の宴席が思い出に残るもの。

にぎやかに打ち上げをするのが友人同士の引っ越しの特徴のようです。

また、「小学校時代の写真が出てきて盛り上がった」(男性/埼玉県/30歳)というのも友人ならではの楽しみのようです。

■気疲れが負担に!? 手伝いで大変だったエピソード「結局は他人なので、いろいろと気疲れ」(女性/福岡県/24歳)「冷蔵庫が大きかったので運び出すときに腰を痛めてしまった」(女性/東京都/28歳)「家の前の道がかなり狭く、トラックを停めるのに何往復もした」(男性/北海道/28歳)手伝ってもらった友人への気遣いや謝礼が負担になっている様子。

また、ただでさえ重い家具・家電の搬出だけでなく、トラックへの搬入作業にも苦戦したという声も。

あらかじめ段取りを決めて、当日スムーズに運べるように準備が大切ですね。

今後引っ越すとしたら友人に手伝いを頼みたいという傾向は、年齢が上がり配偶者や子どもを持つと友人の手は借りない傾向があるようですが、一人暮らしや実家住まいの人にとって手伝ってくれる友達の存在は心強いようです。

引っ越しは、人生の転機であり、相当な重労働。

気軽に手伝いを頼めたり頼まれたりする間柄の友人と取り組めば、楽しい思い出になりそうですね。

(文・エフスタイル)【アンケート対象】働く社会人の男女(マイナビニュース会員)調査期間:2012年9月13日〜2012年9月14日有効回答:500件調査手法:インターネットログイン式アンケート

続きを読む