夫婦仲良く暮らすためにしたいリフォーム第1位は「断熱・耐震」

写真拡大

パナソニックは2012年4月から12月末まで開催する「くらしスマート リフォームキャンペーン」の一貫として、リフォーム調査「くらしスマート大投票」を実施した。

同調査は7月1日〜9月30日にかけて、同社ホームページ内で実施。

リフォームに興味ある人や検討中の人を対象に行った結果、1万2,238票が集まった。

まず、「これからも、夫婦仲良く暮らすためにしたいリフォームは?」と尋ねたところ、「夏涼しく冬暖かい断熱リフォームや、地震に備えた耐震補強リフォーム」が1位。

2位は「キッチンリフォーム」、3位は「太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギーリフォーム」だった。

上位を占めたのは地震やエネルギーに対するリフォームであることから、リフォームに関しても、震災の影響はまだ及んでいると考えられる。

住まいを安全・安心な空間にしてお互いの身を守り、いざという時にも、エネルギーに不安のない生活を送りたいと考えていることがうかがえる。

世代別に見ても、30代〜50代の男女とも同じ傾向にあり、いずれも上位は「断熱・耐震」「キッチン」「エネルギー」が約半数を占めた。

その他、リフォームしたい場所については「バスルーム」や「トイレ」も多く挙げられた。

また、リビングの家電製品を使いやすく便利に収納できる、「システム収納リフォーム」の人気も高いようだ。



続きを読む