なに、その寝方!? カルチャーショックを受けた恋人の寝るときの習慣




恋人が就寝時にとりはじめる奇妙な行動に疑問を覚えたことはありませんか? 大人になるまでに身についた安眠するための習慣は、人前で正される機会が少ないので、いくつになっても変わらずに残り続けるものです。マイナビニュース会員に、「疑問を覚えた恋人の就寝時の習慣」について聞きました。





調査期間:2012/7/27〜2012/8/1

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■寝る前の?な習慣

・「肩を回してからベッドに入る彼氏の姿を見てビックリした」(28歳/女性)

体を休ませたいのやら動かしたいのやら。



・「歯みがきしたあとに梅を食べる行動に疑問を覚える」(27歳/女性)

口の中が殺菌される?とか、「おばあちゃんの知恵袋」的なことなのでしょうか。



・「寝る前に火元の確認と鍵の確認に余念がないところ」(21歳/女性)

用心深くていいのではないでしょうか。



・「制服のコスプレをすること。何も聞かずそっとしておいた」(27歳/男性)

もはや寝るとか関係ない次元にきてしまいました。



寝る前に自分だけの儀式的な行いをしている人は意外と多いようです。疲れて寝ようとしている時に、恋人が変な行動をとりだしたらビックリしますよね。



■寝た後の?な行動

・「半目を開けたまま寝る姿にはさすがに驚いた」(27歳/女性)

起きているのか思って恐る恐る声をかけてみると、見事に無視されてやるせなくなります。



・「寝ながら笑う」(25歳/女性)

こちら側も笑ってしまう自信、100パーセント!



・「気づいたらパンツ1枚になっている謎の行動」(30歳/女性)

冬には風邪をひきそうなので注意してあげてくださいね。



・「寝た状態で頭を左右に何度も振りだす彼氏に驚き!」(31歳/女性)

夢の中でくらい、否定するもののない世界で過ごしてほしいです。



恋人が寝て一人ぼっちになったあとだけに、反応に困りますよね。起きた後に報告しても、「そんなことしてない!」と返されそうで、むなしいです。



■安眠のための?な行動

・「足に枕を挟みだしたのには首をかしげてしまった」(28歳/女性)

挟んでいると安心するのでしょうか。



・「シーツを体に巻きだした彼女にビックリ!」(33歳/男性)

まるで、ミイラみたいですね。



・「彼氏がメガネをかけたまま寝るのには違和感を覚えた」(25歳/女性)

もはや何かを見るための道具ではなく、体の一部なのでしょう。



・「突然マウスピースをつけだした彼女。目が点になった」(63歳/男性)

これは回答者に「寝ながらパンチを繰り出す習慣がある」線も考えられます。



アロマや安らかな音楽など、数々の定番を無視して行われるこれらの行動。各々のこだわりがあるのでしょうが、はたから見れば奇妙な安眠法ばかりです。



尋ねてみればいろんな就寝時の習慣があるものですね! こちらの安眠を邪魔されるような習慣だったら困りますが、そうでもないなら多少、変に思っても大目に見てあげましょう。恋人が安らかに眠れるに越したことはないのですから。



(黒木貴啓+プレスラボ)