10月の月例経済報告、3カ月連続基調判断引き下げ--「欧州や中国に不確実性」

写真拡大

内閣府は12日、10月の月例経済報告を発表した。

これによると、日本経済の基調判断として、現状について「景気は、引き続き底堅さもみられるが、世界景気の減速などを背景として、このところ弱めの動きとなっている」とし、3カ月連続で基調判断を引き下げた。

先行きについては、「当面は弱めの動きが続くと見込まれる」とした。

その後は、復興需要が引き続き発現するなかで、海外経済の状況が改善するにつれ、再び景気回復へ向かうことが期待されるが、「欧州や中国など、対外経済環境を巡る不確実性は高い」としている。

リスク要因としては、以下を挙げている。

世界景気のさらなる下振れや金融資本市場の変動などが、我が国の景気を下押しするリスク収益や所得の動向デフレの影響