話題の「ネット論壇マトリクス」(「SAPIO」11月号より)

写真拡大

これが、「ネット論壇マトリクス」だ――最新の「SAPIO」11月号(小学館、2012年10月発売)に、そう銘打った1枚の図版が掲載された。

ネット上で活躍する言論人51人を「リベラル―保守」「理想主義―現実主義」という2軸で分類したものなのだが、登場した当人たちが敏感に反応、ちょっとした話題となっている。

ネット論壇人は「リベラル・理想主義」軸?

同誌はこの号で、特集「『SNS新・新左翼』が若者を動かす!」を組んでいる。保守的なスタンスで知られる同誌らしく、「ソーシャルメディアが世界を変える」論を始め、官邸前脱原発デモ・ノマド・セルフブランディングなどを懐疑的に取り上げる。

上述のマトリクスはその冒頭を飾る。「ネット事情に詳しい複数の識者、ジャーナリスト」の見解を元に編集部が作成したものといい、煽り文句はちょっと懐かしい響きの「新・若者たちの神々」。特集の性格上か、「リベラル・理想主義」(同特集でいうところの「SNS新・新左翼」)に属する人物が最も多い。

これに、名前の挙がったジャーナリストや知識人たちが相次いで食いついた。同誌の取材も受けたジャーナリストの津田大介さん(中道・やや理想主義)が、

「斬新過ぎて、誰がどのような基準でこれらの人をピックアップして、配置したのか基準が知りたいところ(←中途半端な位置に置かれた者の嘆きです)」

とため息混じりにツイッターでつぶやいたのを皮切りに、東浩紀・早稲田大教授(ややリベラル・中道)が「おれは中道だったのか。。」、実業家の家入一真さん(リベラル・理想)も「なんだこりゃ!」「理想に燃える左翼クラスタ…」とツイートするなど、多くは自分の立ち位置に首をかしげるものだった。

実は第3の軸「トンデモ」がある?

手厳しかったのは辛口コラムニストの小田嶋隆さん(保守・現実)で、「これ、『バカの目から見るとネットの世界はこんなふうに見えてます』っていうこと?」。一般ユーザーからも企画意図や配置を疑問視する声が出る一方、「垂直に通る『トンデモ』の軸が隠されている」などと皮肉りながら面白がる人も少なくなかった。

SAPIO編集部にこうした反応について問い合わせてみたところ、「あくまでひとつの視点を提示したマトリクスであるとご理解頂ければと思います」とのことだった。