装着感が向上した

写真拡大

ソニーは2012年10月13日、頭部に装着することで、映画館クラスの迫力ある仮想ワイドスクリーン(750型相当)が目の前に広がるヘッドマウントディスプレー「Personal 3D Viewer」から「HMZ-T2」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は7万円前後とみられる。

フィルム映画独特の映像を再現

直径13.5ミリドライバーユニットを採用した密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式ヘッドホンを同梱し、優れた装着性とクリアな音で、5.1チャンネルバーチャルサラウンドが楽しめるほか、ヘッドホンが交換可能な新構造を採用し、音の好みや視聴コンテンツなどに合わせてさまざまなヘッドホンが使用できる。

フィルム映画独特の映像を再現する映像モード「24pトゥルーシネマ」を採用し、映画館でしか味わえなかったフィルム映画独特の映像再生を可能にした。光学レンズの特性を考慮した「新エンハンスフィルター」と、有機ELの性能を引き出す「色変換マトリクスエンジン」をベースに、各画質モードのチューニングを全面的に刷新することにより、「より解像感あふれる、きめ細やかな画作りを実現した」という。

また装着感を向上させるために、従来比約90グラムの軽量化を実現。さらにコンテンツの視聴時に上部、下部のすき間から周囲の光が入ってくるのを防ぐ「ライトシールド」を改良し遮光性を向上させただけでなく、頭に固定させるヘッドパッドには、サイズの最適化に加えグリップ感を向上させた素材を採用し安定感を向上させた。