「三鷹の森ジブリ美術館」をはじめ、人気美術館が続々ラインナップ!

写真拡大

“スポーツの秋”“食欲の秋”“読書の秋”と、秋という季節にはさまざまなフレーズがマッチする。そんななか、旅行クチコミサイト フォートラベルから、“芸術の秋”にクローズアップした「人気の美術館ベスト10」が発表された。各美術館に寄せられたコメントを、ベストショットとともに紹介するので、こちらを参考に旅行やドライブを楽しんでみてはいかがだろう。

【写真を見る】第1位に輝いた「金沢21世紀美術館」

国内の人気美術館ランキング1位に輝いたのは、石川県の「金沢21世紀美術館」。2004年のオープン以来、金沢屈指の人気スポットとして沢山の来場者が訪れているそうで、実際に訪れたユーザーからは「周りの雰囲気、建物の特徴、中身の充実度、どれをとっても日本一の美術館。アクセスもいいので観光にはもってこい!」「今までの美術館にはない楽しみがある。自由な発想で作られた作品は斬新で、見ているだけで楽しい」「空間そのものがアートになっていて、自分自身も作品の一部になったような気分に浸れる」といった声が寄せられた。また同美術館は、兼六園や金沢城公園と隣接しているので、一緒に訪れる人も多いようだ。

続いて2位に選ばれたのは、陶板により忠実に再現された絵画が楽しめる、徳島県の「大塚国際美術館」。ユーザーからは「世界の名画などが、陶板を使って色・サイズ共に忠実に再現されている。自由に作品に触れたり、写真を撮ったりできるのも嬉しい。」「礼拝堂がオリジナルと同じ大きさで作られており、いくら見ていても見飽きない。素晴らしかった。」「どの作品も本物そっくり!しかも本物以上に楽しめる。名画が修復後・修復前と並べて展示されているのが楽しい」などのクチコミが寄せられた。

3位にランクインしたのは、東京都の「三鷹の森ジブリ美術館」。その名の通り、スタジオジブリの作品をモチーフに作られた美術館で、訪れたユーザーからは「ジブリ好きにはたまらない癒しの場所」「ジブリファンはもちろんのこと、映画を観たことのある人ならきっと一日中楽しめる場所」「何度行っても必ず新たな発見がある」など、館内随所に盛り込まれた工夫を絶賛するコメントが多数寄せられた。また、館内のカフェも人気が高く、このカフェならではのメニューを楽しむ人も多い模様。さらに「入館チケットはジブリの映画のセル画になっているので、来場の良い思い出になる。」といった声も上がり、細部までこだわった演出も人気の理由のひとつであることが伺えた。

また、4位には東京都の「国立西洋美術館」が、5位には神奈川県の「箱根ガラスの森美術館」がそれぞれ選ばれた。「国立西洋美術館」には「期間限定の特別展が開催されているが、常設展も有名な画家や彫刻家の作品が多数展示されているので、見応えがある」「毎月第2・第4土曜日は常設展が開放されていて、無料で芸術に触れることができる」「屋外に展示されている作品を無料で見ることができるのでよく訪れる」といったクチコミが寄せられ、芸術作品が気軽に楽しめる点が人気の理由のようだ。また、この美術館のある上野公園内には「東京都美術館」「東京国立博物館」など数多くの美術館・博物館もあり、それらと併せて複数の施設を巡る人も多いようだ。

一方の「箱根ガラスの森美術館」には、「庭園、美術館、レストランと、一歩敷地に入ると、外国のような雰囲気を堪能することができる」「ミュージアムコンサートがお勧め。館内に響く音色は非常に洗練されていて、とても素敵な時間を過ごすことができた。」「16万粒のクリスタルガラスを 使った『光の回廊』が、日差しを浴びキラキラ輝く様子はとてもきれい」などの声が上がっていて、多くの人が美しい庭園や館内に魅せられたようだ。また、カンツォーネの生演奏を聴きながら食事が楽しめる館内レストランも人気が高く、訪れたユーザーからは満足の声が多く寄せられていた。

ちなみに6位以下は、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で三ツ星を獲得した庭園が有名な、島根県の「足立美術館」(6位)をはじめ、東京都の「国立新美術館」(7位)、岡山県の「大原美術館」(8位)、香川県の「地中美術館」(9位)、神奈川県の「彫刻の森美術館」(10位)となっている。もちろんこれら以外にも、魅力的な美術館はたくさんあるので、気になる人はフォートラベル公式サイトを覗いて、それらをチェックしてみよう。【東京ウォーカー】