「リアルモテ女」になるために - 「男の娘」からアドバイス (2) 「ライトヲタ系レイディ」で恋愛、結婚へ - とある女性の成功例

写真拡大

前回、「オタク文化」を生かしたコミュニケーションについて簡単に触れましたが、今回はそれを活用して実際に恋愛、結婚へ至った”成功例”を紹介しましょう。

彼女の名前は久美子さん(仮名、30歳女性)。

そしてお相手の名前は正人さん(仮名、27歳男性)。

久美子さんは子供の頃、当時流行っていた『美少女戦士セーラームーン』などのアニメに夢中になったことはあるものの、最近のものはまったく見ていませんでした。

そんなある日、最近の特撮ヒーローにハマっている女友達の誘いで、ファンの集まるイベントへ参加することに。

そこで出会ったのが正人さんです。

久美子さんはひと目会ったときから、彼に好意を抱いていました。

ところが、正人さんは大の特撮マニア。

一方の彼女はといえば、特撮ヒーローのことはまったく知らないし、あまり興味もない……という状態でした。

それでも、正人さんと仲良くなりたいと思い、どうやって近づけばいいか考えたとき、「特撮好きになればいいんだ!」と直感したそうです。

特撮ファンのイベントに集まる人たちは、興味ある話題について一緒に話せる人を強く求めています。

おそらく正人さんも例外ではないでしょう。

しかも特撮といえば、最近でこそイケメンヒーローの登場で女性ファンもいるものの、まだまだ男性のファンが圧倒的に多い世界。

ということは、ここで特撮の話ができれば、自然に、しかも強力に正人さんと親密になっていけるはず! 久美子さんはそう確信したのです。

早速それを実行しようと考えました。

……が、すぐ困ってしまうことになります。

特撮作品がたくさんありすぎるのです。

イベントで見た作品の関連シリーズだけでも、過去作品がたくさんありました。

それ以外にも、周囲から「これは見るべき!」と言われた作品が無数に(と言っても過言ではないくらい)あったのです。

正人さんと同じタイミングで知り合った別の特撮ファンに、「どんな作品を見ればいいの?」と相談しても、その人から送られてきたのは膨大な作品リスト! 彼女は途方に暮れてしまいました。

それでも彼女は当初、宿題をこなすかのごとく、膨大な作品リストをひとつひとつクリアしていこうと考えていました。

とはいえ、1話30分弱のテレビシリーズでも、1年間放映されれば1シリーズあたり約50話。

仕事など他にもやることがありますから、1週間かかっても見終えられないことに気づきます。

時間がかかりすぎて、全部なんてとても見られるはずありません。

悩める久美子さんに追い撃ちをかけたのが、正人さんがものすごく奥手だったこと。

彼から悪印象は持たれていないだろうと感じていたものの、彼とどうやって関係を深めればいいのか見失いつつありました。

正人さんも積極的にアプローチしてこないため、いつまでも友達関係のまま仲が進展しない、もどかしい日々が続きました。

でもここで焦らず、特撮に興味を持ってコツコツと知識を蓄え続けたことで、少しずつ状況が好転していきます。

久美子さんは特撮系のイベントに参加する際、必ず公式サイトやWikipediaなど、さまざまなサイトにアクセスして情報を仕入れていました。

そうするうちに、「なるほど、あのとき話していたのはこのことだったんだ」とわかるようになってきました。

特撮の世界の「お約束」や楽しみ方のポイントを、少しずつ理解できたのです。

一例を挙げてみましょう。

皆さんご存知『仮面ライダー』の場合、1号・2号・V3などのいわゆる”昭和ライダーシリーズ”と、現在放映中の『仮面ライダーウィザード』が14作目になる”平成ライダーシリーズ”に大きく分けられます。

これまでに登場した仮面ライダーの数は(数え方にもよりますが)なんと100人を超えています。