視認性にもこだわったデザイン

写真拡大

オリエント時計は、新型モデル時計「Orient Neo70's ARROW」を、2012年10月13日から発売する。

レトロな雰囲気の球面ガラス

同商品は、1970年代のミリタリーウォッチに見られたアロー形状の時針や、2時と4時の位置に配置されているりゅうずと内装回転リングが独特の存在感を放つカジュアルウォッチだ。ケースは42ミリメートルと重厚で存在感あふれる仕様となっていて、それに相反する印象のレトロな雰囲気を感じさせる立体的な球面ガラスを組み合わせたことで、70年代風でありながら、新しさを感じさせる。

内装回転リングと一段下がったインデックスに大胆に刻まれた分目盛りは、奥行きを実感させるとともに視認性にもこだわったデザインとなっている。

また、バンドにはスタンダードな3列駒を採用し、プッシュ三つ折式中留で着脱も簡単に行うことができる。

1型3アイテムで発売し、価格はWV0101QC型ブラック、WV0111QC型レッド、それぞれ1万8900円、WV0121QC型ブラックは2万2050円。