内見のときに見た方が良い、意外なチェックポイントはここ!

写真拡大

部屋選びの際にもっとも大切なのが「内見」。

実際に部屋を訪れて、自分の目で確認した部屋の造りや広さはどんな情報よりも貴重です。

とはいえ、一人暮らしの経験が少ないと、内見でチェックしておくべきポイントが分からないというケースも多いはず。

そこで、「マイナビ賃貸」では、学生時代の一人暮らし経験者に「内見で見ておくべき、意外なチェックポイント」を聞きました。

■コンセントの配置は絶対見ておこう!「コンセントが少ないと何かと不便なので、内見の前に部屋のイメージを持っておいて、大体何カ所にコンセントが必要か計算しておくように」(男性・神奈川県/26歳)「ベッドを置く場所の近くにコンセントがないと、夜ケータイを充電しにくい」(男性・京都府/28歳)「コンセントの位置によってレイアウトが変わってくるため、自分もコンセントのせいで、テレビを置きたい場所に置けなかった」(女性・福岡県/28歳)今回のアンケートでもっとも多く挙がったのが「コンセント」のチェック。

数だけでなく、配置も調べておくことが必須のようです。

■窓の高さも要チェック!「カーテンは引っ越した初日から付けておきたいので、内見の際に高さを測っておくこと」(女性・東京都/33歳)「窓が高いとカーテンのサイズが合わず、夜まる見えになってしまうことがあるので」(男性・静岡県/31歳)「窓が高ければ少しでも日当たりがよくなるので、部屋干しがしやすくなる」(男性・神奈川県/27歳)カーテンは少しでもサイズが異なると、夜、外から自分の部屋が見えてしまうので要注意。

必ず内見で窓のサイズを確かめておきましょう。

■そのほか、チェックすべきポイント「クロゼットの広さはメジャーで確認すべきで、自分が持ってきたクロゼットケースが入らない場合もあるから」(男性・東京都/25歳)「部屋の壁にハンガーをかけられる枠があるかチェックし、収納の軽減や、部屋干しの際も助かる」(男性・東京都/25歳)「エアコンが付いている場所と様式を見て、部屋の真ん中に風が来るような向きに付いていないと、夏や冬はつらいと思うので、また、古いものもなるべく避けた方が良い」(男性・長野県/28歳)エアコンの効きが悪いと、夏冬はかなり大変。

住み始めてから自分で取り換えるとなると、かなりの出費になるので、できる限りチェックしておいた方が良さそうです。

部屋選びの行方を大きく左右する内見ですが、引っ越しシーズンになると、あまりゆっくり見ていられないのも事実。

内見をする前には、チェックしておくべきポイントを整理しておくことが重要ですね。

(河合力+プレスラボ)【アンケート対象】学生時代に一人暮らしをしていたことがある男女(マイナビニュース会員)調査時期:2012年9月13日〜2012年9月14日有効回答:141件調査手法:インターネットログイン式アンケート

続きを読む