「よかったら私を飲んで!」セクシードレス姿のSHELLYが”ギネス”に変身!

写真拡大

食欲の秋が到来。

おいしい料理とお酒が楽しめるのはもちろん、居心地のよいお店を探している人も多いのではないでしょうか。

会社帰りに気軽に立ち寄れたり、合コンやデートに使えたりできるお店を覚えておくと、何かと便利です。

そんな中、キリンビール/キリン・ディアジオは10月11日から、「PAGLIACCIO(パリアッチョ)丸の内仲通り店」にて『GUINNESS -THE PUB- 丸の内』を期間限定でオープンします。

ギネスのビターな味わいを楽しめるのはもちろん、ホッと一息つくにも最適なお店だとか。

これはチェックしておかなくてはと、オープン当日に開催されたイベントに潜入してきました。

『GUINNESS -THE PUB- 丸の内』は、ギネスとギネスファン、そしてギネスを提供するパブやバーの3者をつなぐプラットフォームであるFacebookページ『GUINNESS -THE PUB-』から生まれたリアル店舗。

10月11日から10月27日まで期間限定でオープンしています。

全面ガラス張りの外観は、黒を基調としたスタイリッシュなたたずまいで、まるでギネスをイメージしたかのよう。

丸の内のオフィス街に溶け込みながらも、木の風合いがぬくもりを感じさせます。

こういうところでデートをしてみたい……。

ほどよい活気のある店内は、まさにアイリッシュパブの本質でもある「大人の社交場」。

カウンターもあるので、女性一人だとしても気軽に立ち寄れます。

また、壁一面にギネスのロゴをあしらった額縁や時計、グラスなどのレアグッズが飾られており、なかには、Facebookでも紹介されたイラストや写真が飾られているとか。

事前にチェックしておいて、どこにあるかを探すのもおもしろそう。

『GUINESS -THE PUB- 丸の内』では、Facebookに登場するキャラクター・ケンジが紹介していたメニューが食べられます。

メニューは、「野菜のギネスピクルス」(880円)、「牛ほほ肉のギネス煮」(1,800円)、「鴨胸肉のロースト ギネスと蜂蜜のカラメリゼ」(1,900円)、「小エビとマッシュルームのアヒージョ ギネス風味」(1,080円)、「鳥モモ肉のギネスママレード煮」(1,700円)。

この5品の隠し味にギネスが使われているそうですが、まずは「牛ほほ肉のギネス煮」をパクリ。

トロトロに煮込まれた牛ほほ肉は、濃厚な味わいのソースにからみあってうま〜い。

ギネスならではの深いコクがソースでも表現されているのは驚きです。

また、とろけるような食感も、ギネスの炭酸のおかげ。

ギネスのビターな味わいやコクがソースに深みをプラスし、食欲を刺激します。

続いて、「野菜のギネスピクルス」を試食すると、ツーンとくる酢の酸味がなく、ギネスのコクによって程よい味わいに。

キュウリやパプリカといったピクルスではおなじみの野菜をはじめ、ミョウガも使われています。

和の野菜とも調和し、いくらでも食べられます。

ほかにも、アイリッシュパブでは定番の「フィッシュ&チップス」(2名用・1,180円)や「シェパーズパイ」(2名用・1,380円)、サイドディッシュとして「自家製サーモンのマリネ モルトビネガー風味」「オニオンリングフリット パルメザンチーズ風味」といった、ギネスとのコンビネーションを考えて作られた料理は全部で9品。

さらに、「フィッシュ&チップス」と「シェーズパイ」は4名用のビッグサイズも用意されています。

グループで行くときに注文すると盛り上がりそうです。

『GUINNESS -THE PUB- 丸の内』のオープン記念イベントには、スペシャルゲストとしてSHELLYさんが登場。

お父さんが横浜でパブを経営しており、SHELLYさんもお手伝いしていたことがあるとか。

ギネスの泡に魅せられたエピソードを熱く語るほど、筋金入りのギネスファンです。