長野県民は全員、県歌″信濃の国″を歌えるってホント!?

写真拡大

皆さんは、自分が住んでいる県の「県歌」を歌えるだろうか? 筆者は恥ずかしながら、存在すら知らなかった。

しかし、長野県民は全員、長野県歌「信濃の国」を歌えるのだとか。

本当かどうか気になったので、長野出身の友人に「『信濃の国』、歌える?」というメールを出してみた。

すると、「しっなのーのくにはーじーいしゅうにーきーたにのーりくらこーまがったけ〜」という返信が! まさか、メールで「歌われる」とは思っていなかったが、確かに歌えることは分かった。

さらに詳しいことを聞いてみよう。

「小学生の時に学校の授業で習ったよ。

歌詞が難しいから、高学年になってからだったと思うけど。

『信濃の国』は運動会やキャンプで歌っていたかな。

あと、大人は酔っ払うと、みんなで歌ったりする」。

ということは、学校教育の一環として教えられているものなのだろうか。

平成24年度の学校経営概要によると、「信濃の国」を歌う機会のある長野県内の小学校は、93.9%にものぼるという。

そこで、長野県教育委員会に、「信濃の国」を小学校で教えるという教育方針があるのか尋ねてみた。

「県では、『信濃の国』を学校で必ず教えるようにというような強制はしていません。

ただ、歌の内容に長野の地理や名所について詳しく書かれているので、地域を学ぶ良い教材として、授業に活用していただけるよう働きかけています」。

前述の友人は「校歌よりも真剣に練習させられた」といっていたが、強制的に教えるのではなく、長野のことをより知るために活用されているようだ。

ところでこの歌、いつごろから県民に歌われているのだろうか。

大人が歌えるということは、昔から存在するものなのか?「信濃の国」が誕生した経緯など、詳しい話を、長野県総務部広報県民課県民の声係の土屋さんに尋ねた。

すると、「『信濃の国』は明治32年(1899)に浅井洌(きよし、または、れつ)氏に作詞され、翌明治33年(1900)に北村季晴(すえはる)氏によって曲がつけられました」とのお答え。

「当時、日本は日清戦争の勝利にわき、学校でも唱歌(現在の音楽にあたる科目)の教材として軍歌が歌われていたんです。

そうした風潮を懸念して、信濃教育会が長野の地理や歴史を取り入れた唱歌教材を作ることを考えたのが明治31年(1898)。

そして、長野県師範学校の教諭だった浅井洌氏、北村季晴氏に依頼したそうです」(土屋さん)ちなみに「信濃の国」は、「信濃唱歌六編」のうちの1つとのこと。

当時の長野師範学校の行事で歌われるようになり、教師として県の各地へ赴任した師範学校の生徒たちが、唱歌の教材として児童に教えるようになったそうだ。

前述のとおり、「信濃の国」には長野の名所が随所に登場するという。

となると、ぜひ歌詞にも触れてみたい。

「信濃の国」の構成は七五調を基本としていて、長野県の地理・歴史のほか、産業、名勝旧跡、人物など、幅広い分野が描かれている。

具体的には、1番の歌詞は総論、2番では、御嶽(おんたけ)山、乗鞍岳(のりくらだけ)、駒ヶ岳(こまがたけ)、浅間山などの山々。

そして、犀川(さいがわ)や千曲川(ちくまがわ)など、長野の地理が歌われている。

3番では信濃の特産物が、4番では、「寝覚めの床(ねざめのとこ)」や、「筑摩(つかま)の湯」、姨捨山(おばすてやま)などの名所が紹介されていた。

現在「信濃の国」は学校での授業のほか、カラオケや県人会の集まりでも歌われているという。

また、CDも販売されており、ほぼ毎月、県内外から問い合わせがあるそうだ。

中には英語バージョンや、ユーロビートバージョンなどもあるというから驚きだ。

また、長野県庁では毎年、仕事はじめの式で「信濃の国」を歌っており、電話の保留音や、議会の"一鈴"で「信濃の国」のメロディーを使用しているとのこと。