青森が誇るブランド地鶏「青森シャモロック」を食べてみた

写真拡大

なんとゆったりした広さだろう。

鶏舎には、白黒の霜降り柄が美しい地鶏がのびのびと動き回る。

とても清潔で、臭いもない。

やってきたのは、青森県八戸市中心部から車で西に20分ほどの場所にある、三戸郡五戸町の「村越シャモロックパーク」。

ここでは、青森県が20年もの歳月をかけて開発したブランド地鶏「青森シャモロック」が育てられている。

青森シャモロックの特徴は、味が濃厚でよくダシが出ること、肉質のキメが細かいことだ。

一般的なブロイラーや有名地鶏と比較したところ、主な旨み成分であるグルタミン酸とイノシン酸の含有量をはるかに上回ったというデータもある。

青森県では、厳しい飼育マニュアルを定め、基準を満たしている農場にのみ飼育を認めている。

そのような指定農場の中でも、エサや育て方などにより厳しい基準を設け、旨い青森シャモロックを飼育することに情熱を注いでいるのが、前述の村越シャモロックパークだ。

代表の村越正和さんは「コッコッコッコッコッ……」とつぶやき、鶏たちの気持ちに同調するように話しかけながら世話をする。

ゆったりとした印象は数字で表せば一目瞭然。

飼育密度は1平方メートル当たり3羽以下だという。

「青森シャモロックは、闘鶏であるシャモの血が入っていますから、もともと気質が荒いのです。

できるだけおだやかな性質に育てるため、鶏舎でゆったりと育てることでストレスを減らします」(村越さん)。

鶏舎の床は高床式のように高くし、地面からの水分を遮断。

常に乾燥した状態に置くことが、清潔さを保つ工夫なのだそうだ。

ヒナの一部は自社農場で孵化させて育てたもので、エサにも独自の工夫を施す。

こうしてできあがった、やわらかくても弾力のある心地よい食感、旨みと甘みが自慢の地鶏は、村越さんの自信作。

青森シャモロックが、三大地鶏に続くブランド地鶏に成長する可能性を感じさせる。

青森シャモロックを味わえる同農場の直営店が青森駅近くにある。

その名は「シャモロックホームズ」。

ユニークな店名に、思わず吹き出しそうになるのをグッとこらえたい。

ここでは、バラエティに富んださまざまな青森シャモロック料理が味わえる。

まずは、モモやレバー、せせりなどのシンプルな串焼きを塩で頼み、肉そのもののおいしさを堪能するのがおすすめ。

他にも、「すき焼き」から「卵かけごはん」まで、鶏好きにはたまらないメニューが揃う。

地酒と共に味わえば、さらに至福の時間である。