トルコでは「はい」と答えるときに舌打ちをする!? 旅行の祭典「旅博2012」

写真拡大

旅行代理店の団体である日本旅行業協会は、9月12日から15日まで、旅行需要喚起を目的としたイベント「JATA国際観光フォーラム・旅博2012」を東京ビッグサイトで開催した。

各国の世界遺産や隠れた観光名所、現地の治安や言葉、習慣の紹介など、来場者に対して旅行の情報提供が行われた。

およそ12万人が訪れ、過去最高の来場者数を記録したという。

会場は、北米、大洋州、アジア、中東、アフリカ、中南米、ヨーロッパなど、地方ごとにカテゴライズされ、各国の観光局がブースを出展した。

また、イベントではマレーシア民族舞踏ショーや、アルゼンチンタンゴ、キューバ音楽のショーやインドの舞踏など、さまざまなイベントが行われ、参加者を楽しませた。

業界向けには、苦情対応セミナーや、パンフレットの写真の撮り方、ツアー登山のトラブル例や、地域活性セミナーなどが開催され、招かれたそれぞれの分野の講師が勉強会を行った。

タイ国政府観光庁は、ビーチリゾートやマリンスポーツ、国立公園やテーマパークなどをイベントで紹介。

タイ王国は、東南アジアの中心に位置し、首都をバンコクとする国。

人口は6,000万人を超え、9割を超える国民が仏教徒といわれている。

イベントで紹介された都市のひとつであるアユタヤは、14世紀に創設され、400年ほど栄えたアユタヤ王朝の都。

当時の遺跡が多く残っており、1991年には世界文化遺産に登録された。

首都バンコクから日帰りで行くことができるため、観光客が気軽に訪れることができる名所となっている。

また、アユタヤでは街中で気軽に象に乗ることができるという。

乗る際には象使いが引率してくれるため、自分で指揮する必要がなく、観光客の間で人気があるとのこと。

インド政府観光局は、インドの祭りや民族衣装であるサリー、野生動物やレジャースポーツなどを紹介した。

インド共和国は、南アジアに位置する世界第2位の人口を誇る連邦共和国。

ヒンドゥー語を公用語とし、日本との時差はマイナス3.5時間。

イベントで紹介された観光地のひとつであるジョードプルは、中世時代の特徴を大きく残す都市。

機材や塩、ラクダや農作物が取引される貿易都市でもある。

メヘランガール城塞(じょうさい)と呼ばれるインド最大級のとりでも残っており、一年を通して多くの観光客が訪れる。

また、インドで神聖な生き物として扱われている牛が街中を闊歩(かっぽ)しており、現地の人々がエサを与え世話をするという。

マカオ観光局は、マカオ料理やホテル、世界遺産などを紹介していた。

マカオは香港の西南西約60キロメートルに位置する都市。

人口約56万人で、その約9割を中国人が占めるという。

公用語は中国語とポルトガル語。

日本との時差はおよそマイナス1時間。

マカオでは、「出された料理は少し残さなければならない」という食事マナーが一般化しており、少量残すことによって、「十分な量の料理を出された」という意味を表すことができるという。

観光客も、現地を訪れた際にはできるだけこのマナーを守るのが望ましいとのこと。

イベントで紹介された名所の一つである聖オーガスティン教会は、16世紀後半にスペイン人によって建設されたカトリックの教会。

十字架を背負ったキリスト像を運ぶ宗教行事「パッソス聖体行列」が行われることで有名。

モンゴル旅行業協会は、モンゴルの観光名所を紹介する他、ブースでモンゴルの伝統的な弦楽器である馬頭琴を演奏するイベントを行った。

馬頭琴は、モンゴルではモリンホールと呼ばれ、楽器の先端部分が馬の形に見えることが名前の由来であるという。

日本では、「スーホの白い馬」の物語に出てくることで有名。