トヨタ、レクサスのフラッグシップモデル「LS」をマイナーチェンジして発売

写真拡大

トヨタ自動車は11日、レクサスのフラッグシップモデルである「LS」シリーズの「LS460」「LS460L」ならびに「LS600h」「LS600hL」をマイナーチェンジして発売した。

価格は、LS460が830万円から1,080万円、LS460Lが1,130万円から1,310万円、LS600hが1,050万円から1,250万円、LS600hLが1,370万円から1,550万円。

新型LSでは、次世代レクサスデザインを導入するとともに、スポーティグレード”F SPORT”の追加、新生産技術を駆使したボディ剛性の向上など、大規模な変更を実施。

さらに、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステムをはじめとする最先端の安全装備を採用し、レクサスのフラッグシップにふさわしい進化を遂げたとのこと。

エクステリアでは、「スピンドルグリル」を採用するなどしてフロントフェイスを一新し、リヤにもスピンドル形状を導入。

また、シームレスに発光するアローヘッド形状のクリアランスランプやL字型テールランプなど、次世代レクサス共通のデザインテーマを採用し、フォグランプをはじめとする外装の灯火類はすべてがLEDとなっている。

外板色には、”F SPORT”専用色「ホワイトノーヴァガラスフレーク」のほか、新色の「ソニックシルバー」と「ファイアーアゲートマイカメタリック」を含む全11色を設定。

インテリアでは、インストルメントパネルを一新して水平基調としたほか、操作系の配置を見直して機能性を向上。

運転席周辺をディスプレイゾーンとオペレーションゾーンに分離し、12.3インチワイドディスプレイやリモートタッチを採用するなどして操作性を向上させている。

そのほか、独自の模様を表現した縞杢(しまもく)ステアリングを新設定したほか、本アルミのアナログクロック(GPS補正機能付)を採用。

シート、インストルメントパネル、天井、カーペットなどの素材・カラーが自由に選べる内装カスタマイズプログラム「L-Select」をオプション設定した。

走りでは、新たな生産技術の導入によってボディ剛性を強化するとともに、VGRS(ギヤ比可変ステアリング)やエアサスペンション制御を改良して、操縦性や走行安定性の向上も行われている。

安全性では、新開発の衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステム、ハイビーム照射時に対向車の眩惑を防ぐアダプティブハイビームシステム(AHS)、車線変更時の安全運転を支援するブラインドスポットモニター(BSM)などが採用されている。

LS460とLS460Lは、エンジンにV8・4.6Lの1UR-FSE、トランスミッションに8 Super ECTを採用し、駆動方式は2WD(FR)とAWDを用意。

ハイブリッド車のLS600hとLS600hLは、2段変速式リダクション機構付のTHS IIを採用し、駆動方式はAWDのみとなっている。