中島みゆき・スピッツなど興行手がけたフリップサイド、破産手続き開始決定

写真拡大

帝国データバンクの大型倒産速報によると、フリップサイド(資本金1000万円、渋谷区上原3-6-6、代表高山昌芳氏)は、9月27日に東京地裁へ自己破産を申請、9月28日に破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は吉羽真一郎弁護士(千代田区丸の内2-6-1、電話03-6266-8506)。

財産状況報告集会期日は2013年2月5日午前10時30分。

帝国データバンクによると、フリップサイドは、1983年(昭和58年)4月に設立されたコンサート企画・制作、チケット販売業者。

業界内では上位2〜3番手に位置する準大手クラスに位置し、東京を主体に北関東エリアにおける興行権を有して年間で大小450本ものコンサートを手がけていたという。

アーティストが所属するプロダクションやレコード会社と幅広く提携、「THE ALFEE」、「中島みゆき」、「スピッツ」、「松山千春」などの著名なミュージシャンの興行を手がけるほか、無名アーティストの発掘・育成も積極的に手がけ、「高い知名度を有していた」(帝国データバンク)。

だが帝国データバンクによると、採算面では97〜98年頃から慢性的な赤字体質となっており、厳しい資金繰りを余儀なくされていたという。

2004年3月期には年収入高約45億2000万円を計上していたが、この間にはネット音楽配信などの技術革新と市場環境の激変があり、フリップサイドの集客力は大きく低下。

自社企画コンサートの不振が続くなか、業績は下降線をたどり、2009年3月期の年収入高は約37億円にまで落ち込んでいたという。

このため、「返済のリスケジュールなどでしのいでいたものの、2011年3月の東日本大震災後は公演の延期、中止等が相次ぎ、業況が一段と悪化」(帝国データバンク)。

今年8月に決済難に陥り事業を停止、今回の措置となった。