【男性編】朝一番にする仕事は? ランキング


これをやらなきゃ仕事が始まらない!





スッキリと目覚められたら、朝から仕事もはかどりそう。そんなときは企画を立てるなど、頭を使う仕事に集中しているという人もいるかもしれませんね。寝坊したときには頭が働かず、調子が出るまでは単純作業が良いとうこともありそうです。皆さんはどのような仕事から取り掛かると一日の仕事効率が上がりますか? 男性428名に聞いてみました。





Q.朝一番にする仕事はどんなことですか?(複数回答)

1位 メールチェック 47.2%

2位 単純作業の仕事 14.7%

3位 仕事のチェック(今日) 12.6%

4位 仕事の準備 11.4%

5位 掃除 9.8%







■メールチェック

・「朝は弱いので、頭を使いそうなこと、慎重な対応が必要なことはせず、なるべく時間をつぶしています」(29歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「メールの内容によっては、当日の予定が変わることもあるので」(46歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「職場のメールチェック担当だから」(38歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■単純作業の仕事

・「頭を働かせるために」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「数値の記入」(22歳/食品・飲料/技術職)

・「目が覚めるまでは書類仕事をする」(22歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)





■仕事のチェック(今日)

・「朝ははかどる」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「計画は大切なので」(28歳/情報・IT/技術職)

・「今日の予定のチェックと、Todoリストの作成は欠かさない。どこかの有名企業の社長も実践していると、テレビで言っていた」(25歳/情報・IT/技術職)





■仕事の準備

・「朝までに届いた書類のチェック」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「一番重要だと思う」(24歳/小売店/事務系専門職)

・「一日を考えながらいろいろ作業をする」(27歳/金融・証券/販売職・サービス系)





■掃除

・「くせになっているんで」(47歳/ソフトウェア/技術職)

・「仕事場の清潔感を保つため」(25歳/医療・福祉)

・「掃除をしないとエンジンがかからない」(33歳/その他/販売職・サービス系)





■番外編:朝ならではのお仕事も

・「あいさつ。必要です」(32歳/その他/経営・コンサルタント系)

・「人と会う約束」(45歳/生保・損保/専門職)

・「お茶菓子の準備。若手の仕事だから」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





総評

1位は「メールチェック」でした。急な連絡が入っていないか、チェックがかかせないようです。内容によっては、一日の流れが変わってしまうこともありますよね。また、通常の業務をする前のウォームアップのための作業として、やっているという声も目立ちました。





2位の「単純作業の仕事」から入る人は、頭の回転が良くなるまで手作業から徐々に慣らしておきたいようですね。手を動かすことで、徐々に頭も働いていくことでしょう。





4位「仕事の準備」や5位「掃除」のように、朝一番にしておかなくてはならない業務内容が決まっている職場もあるようです。





朝一番にする仕事がうまく行くと、午前中のうちにサクサク仕事が片付いて、気持ちもスッキリするはず。午後からの仕事も快適ですよね。順調にいけば定時で帰ることができ、アフターファイブも充実します。その決め手は『朝』。この機会に、仕事の段取りを見直してみてもいいかもしれません。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)





調査時期:2012年8月11日〜2012年8月16日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性428名

調査方法:インターネットログイン式アンケート