見逃せない沖縄の最新アートワールドを、地元の写真家・新垣誠が紹介!

写真拡大

沖縄には、この土地の歴史や文化を自分の体に宿しているかのようなアーティストたちがいる。

そこで今回、彼らのダイナミックな作品を垣間見れるアートスペースを、沖縄の写真家・新垣誠が紹介する。

天真爛漫(らんまん)で年齢不詳、子どものような笑顔に無邪気なしぐさ。

まるで保育園にでも来たかのような楽しい気持ちにさせてくれる「KYOKOART GALLERY」のオーナーは仲本京子さん。

大手保険会社のキャリアウーマンを経て画家へと転身したのは、30歳を超えてからだった。

作品にはピュアなエネルギーがほとばしる。

「あれ? この子、自分かも」と思うようなキャラが必ず見つかる彼女の「楽園シリーズ」。

今では沖縄の至る所に飾られている。

多様なキャラがお互いを尊敬しながら共存する。

そんなハッピーな彼女の作品は、海外でも人気が高い。

息子のことを「ヤツ」と呼び、黄色いフィアット・バルケッタを乗り回す粋な女性。

そんな仲本さんとの会話が、このギャラリーの楽しみのひとつ。

閑静な古都・首里にあるそのギャラリーのドアをいったん開けると、そこにはなぜか懐かしい空気が漂う。

まるで下校途中に遊びにいったお婆(ばあ)ちゃんの家のような……といったら彼女に失礼かな?沖縄の未来に向けてアートを育てるミッチのアートスペース沖縄アート界の反逆児、ダリル・ミッチェル。

人は親しみを込めて彼のことを「ミッチ」と呼ぶ。

18歳でアメリカ陸軍に入隊。

駐屯先の沖縄に恋をした彼は、退役後沖縄へ移住。

そのミッチが運営するのが「Artspace+Cafe COTONOHA(コトノハ)」だ。

2008年のオープン以来、沖縄のアート・コミュニティーに新たな風を吹き込ませ続けている。

「未来に可能性はある。

でも沖縄では、まだアートを育てる環境が十分じゃないんだ」。

そう話すミッチは今、沖縄の若いアーティストをサポートするため、展示会をはじめとする様々な企画を展開している。

“Pecha-Kucha Night(ペチャクチャ・ナイト)”もそんな企画のひとつだ。

2003年に六本木で始まったこのイベントは現在、世界400余りの都市で行われている。

クリエイターやパトロンをつなぎ、アートビジネスの活性化を図るこのイベントを、ミッチは宜野湾(ぎのわん)市という沖縄の片田舎でやっているのだ。

沖縄本島の南、南城(なんじょう)市でのジャズ・フェスティバルをスタートさせたのも実は彼、ミッチだ。

コスモポリタンな感覚で沖縄のアート・シーンを刺激し続けるミッチ。

宜野湾市を訪れた際は、ぜひミッチに会いに店を訪れてほしい。

本質を見据える深いまなざしを持ち、2シーターのオープンカーを自在に乗り回すオヤジ。

「画廊沖縄」のオーナーは、そんな魅力的な沖縄県民・ウチナーンチュ、上原誠勇さん。

沖縄で最も息の長い個人経営の画廊オーナーだ。

戦後、アメリカ軍のゴミ山をあさり回った少年時代。

「日本復帰」をまたいで沖縄を見つめてきたその瞳に迷いはない。

悟りをひらいた仙人のような軽やかさとリアリティー溢(あふ)れる切実さで、グローバルな課題から沖縄の歴史・社会に至まで、いろんな話を聞かせてくれる。

画廊沖縄で開催される個展や企画展示は、全て「沖縄」というテーマで結びついている。

あらゆる社会の問題にアートが介入すべきだ、と上原さんは言い切る。

眠っている感性に覚醒をもたらし、価値体系の再構築を迫る―そんな企画展からは、ディープでコアな沖縄を感じることができる。

身体化されながらも沈黙する沖縄。

そんな沖縄の声に耳を傾け、埋もれた記憶を可視化していくアートのプロセスを、作家たちとともに見てきた上原さん。

ガジュマルの木に宿る精、レゲエのうねるベース音、繰り返す波のリズム……。

それらのエネルギーがぎゅっと詰まった作品が一堂に会しているのが、画廊沖縄なのである。

「AKARA GALLERY」は、100年建ち続ける建物を作ろうというコンセプトで作られたという。

「AKARA(あから)」とは、「あからーぐゎー」というと、「赤いもの」を意味する。

赤瓦の屋根はガウディの建築のように美しい。

ファッションがありアートがあり、くつろげるカフェまである。

 ここには、新垣誠が20年間ずっと愛用している沖縄ファッション・ブランドがある。

その名も「Habu Box(ハブボックス)」。

デザイナーは、同ギャラリーのオーナーでもある名嘉太一さんだ。

オシャレでカッコイイんだけど、沖縄の土や海の香りがするHabu Boxブランド。

沖縄が世界に誇るアーティスト、名嘉睦稔さんの作品もずらりと並んでいて壮観だ。

沖縄を訪れた際にはアートとファッションの融合の楽しさを、ぜひその目で確かめてほしい。

●information新垣誠公式プロフィール 新垣誠facebook