岐阜県飛騨市、廃線した鉄路利用の”レールマウンテンバイク”が鉄道賞受賞

写真拡大

旧神岡鉄道(全線廃線)の線路を走る岐阜県飛騨市神岡町の観光用自転車「レールマウンテンバイク・ガッタンゴー」(運営・NPO法人「神岡・町づくりネットワーク」)が第11回日本鉄道賞の特別表彰「蘇ったレール」特別賞に選ばれた。

日本鉄道賞は、国土交通省などで構成する「鉄道の日」実行委員が主催し、鉄道の利用促進に貢献した事業者に贈られるもの。

全線廃線となった鉄道の取り組みが受賞するのは異例のことだ。

「ガッタンゴー」が走る旧神岡鉄道は、奥飛騨の山あいを約40年にわたり走り続け、2006年に廃線となった。

この線路を活用し、旧奥飛騨温泉口駅を発着点に神岡鉱山駅との間往復5.8キロを、鉄製の枠で線路に固定された2台のマウンテンバイクを2人でこいで走るというもの。

ガッタンゴットンとレールの継ぎ目の振動と音を感じながら進む先には、トンネルやかつての駅舎、町を見下ろせる高架橋などの珍しい風景が楽しめるとあって、人気のアクティビティー。

今年は、9月30日までに約16,000人が利用した。

今回の受賞の理由となったのは、「独自性とユニークさ」だ。

地元の人のアイデアから生まれ、バイクは地元鉄工所・木工所の手作り。

宣伝費はパンフレット代の8万円しかかけていないが、ユニークさが受けて利用者は年々増加。

「黒字営業」を続けている。

「困難を乗り越えた」実績も大きいが、何より選考委員に共感を与えたのは「レールを残したい」という鉄道への深い思いが原点になっているという点。

「鉄道が地域の人たちにとっていかに重い存在であるかを訴えている」と評価された。

「神岡・町づくりネットワーク」事務局では、「地元の方たちの理解と協力、情熱に支えられての栄誉。

これを機に、私たちが熱く望んでいるレールマウンテンバイクのコースの延伸につながれば」と話している。

なお、今年の営業日は11月25日(日)までで、要予約。

水曜が定休日で、平日はスポット営業となる。

来年の営業は4月からだ。

また、今年10月からは、前後二人乗りの「タンデム自転車」タイプも登場。

体力に自信がない人でも電動(ハイブリッド)自転車があるので安心。

料金は1名1,000円。

ハイブリッド車は1,500円。

チャイルドシートもある(有料)。

発着点の旧奥飛騨温泉口駅へのアクセスは、車利用の場合、東海北陸道飛騨清見ICから約55分、奥飛騨温泉郷から約60分、富山市内から60分。