「ルクエ」を使って自分でパスタをつくるカフェが人気です!

写真拡大

「ルクエ スチームケース」と言えば、ケースの中に食材を入れて、電子レンジで加熱すればOKという画期的な調理器具。

2008年の発売以来、180万個以上を売り上げたという大ヒット商品で、蒸し料理ブームの火付け役とも言える存在。

そんなルクエ スチームケースの体験型カフェが渋谷にある。

その名も「ルクエ カフェ」だ。

ルクエ カフェは、自家焙煎コーヒーで知られる「ダブルトールカフェ」の渋谷店2階部分にある。

ルクエの輸入販売元のコラムジャパンの協力のもと、ダブルトールカフェによって企画・運営されているイベントカフェなのだ。

入口はダブルトールカフェ店舗と共通で、ランチ時はまず1階のレジで注文する(その他の時間帯は客席での注文)。

ランチタイムには、パスタメニューの「ルクエdeパスタ」と「カフェカレー」が提供されている。

どちらもドリンク、サラダ、スープ付きで980円。

ドリンクはダブルトールカフェと共通で、1階で提供しているドリンクメニューのうちから選択できる。

今回はメインにパスタを選択して2階へ。

ルクエ スチームケースに冷凍生パスタを入れた状態で、スタッフが席に運んできてくれる。

その冷凍生パスタの上に、まずソースをかける。

ソースは、カルボナーラ、トマトソース、ペペロンチーノの3種類から選べ、その後フードバーから好みの具材を好きなだけケースに詰めていく。

フードバーには、野菜を中心に20種類以上の具材がずらり。

その中から好みのものを選ぶ。

キャベツやナス、エリンギ、ブロッコリーなどの野菜に加え、エビやソーセージ、ベーコンも。

スチームケースのフタが閉まるギリギリまで詰め込むと、かなりたっぷり入る。

その後は、電子レンジに入れてチン! 6分でアツアツのパスタができあがる。

岩塩やオリーブオイル、パルメザンチーズなどの調味料やトッピングを30種類ほど揃えたトッピングバーがあるので、好みの味付けにアレンジできる。

自分で具材やソースを選べるセルフクッキングで、楽しくルクエが使用できる。

ちなみにカレーを選んだ場合は、深底タイプのスチームケースを使う。

こちらはグリーンカレーとトマトカレーの2種のルーが選べ、ルーと好みの具材(パスタと共通)をスチームケースに入れて電子レンジで加熱。

別盛りのごはんと一緒にいただく、といった内容だ。

それぞれの食材に程よく火が通り、適度な食感も楽しめるのはさすがルクエ。

ドリンクはダブルトールカフェの専門的なコーヒーがオーダーできるのもうれしい。

またルクエ カフェでは、ルクエの商品を使った料理教室やパン教室等も開くなど、情報発信の場になっている。

ルクエ初心者から上級者まで楽しめる店となっている。