【懐かしいゲーム特集】「ファミリートレーナー」

写真拡大

●まさしく体感ゲーム!

(画像:amazon.co.jpより)
(C)BANDAI

「ファミリートレーナーー」は1986年に株式会社バンダイからファミリーコンピュータ用としてリリースされた体感ゲームです。

本作は足で操作する専用コントローラー(ファミリートレーナー)を使用して、アスレチックコースを走破する内容となっています。

ちなみに本作はかなり体力を使用するのである種の運動用ゲームソフトとしても話題に挙がり、当時大人気のテレビ番組「たけしの挑戦状」も専用ソフトとして登場しました。

但し、本作の欠点としては床をドタバタとジャンプしたり、足踏みする関係上、2階以上のフロアだと下の階の住民にご迷惑をお掛けするというゲーム以外の問題点がありました。

※本作の登場から10数年以上も経過してコナミの「DanceDanceRevolution」が家庭用ゲーム機へ移植された際、ファミリートレーナーとコントローラーが酷似していたのは内緒です。

近年Wiiを中心として各種運動用ソフトがリリースされていますが、ファミリートレーナーはその先駆けであった事は意外と知られていないかも知れません。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「覇邪の封印」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ザ・スクリーマー」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「パックマニア」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ミシシッピー殺人事件」
▼外部リンク

ファミリートレーナー1&2