髪の乾燥・パサつきに悩む女性は9割以上。その原因は“老化”にあり!?

写真拡大

トレンド総研は、9月10日〜12日にかけて、20〜39歳の女性300名を対象に「髪」に関する意識・実態調査を実施。

多くの女性が「髪の乾燥・パサつき」に悩んでいることが明らかとなった。

まず最初に「髪の美しさは、女性の魅力に影響すると思いますか?」と尋ねたところ、96%が「思う」と回答。

しかし「自分の髪が好きですか? 」という質問に対し「好き」と答えた女性は49%だった。

また、「髪に関する悩みはありますか?」という問いには、94%が「ある」と回答。

9割以上の女性が髪に何らかの悩みを持っているようだ。

具体的な髪の悩みについて尋ねると、1位の回答は「乾燥・パサつき(59%)」。

その原因はどのような点にあると思うか聞くと、「紫外線(36%)」、「遺伝(36%)」、「カラー・パーマ(34%)」、「ドライヤー (28%)」などがあげられた。

そのほかの髪の悩みとしては「うねり(52%)」、「髪の多さ(36%)」、「切れ毛・枝毛(32%)」が多かった。

髪の乾燥とパサつきについて、エイジング・スペシャリストの朝倉匠子氏は「成人になると体内の水分量が減少しはじめ、髪も乾燥しやすい」とコメント。

さらに30代になると女性ホルモンも減少し、髪の乾燥・パサつきを感じる女性の割合は増加するという。

パーマやカラーなどの外的要因だけでなく、体内における水分量やホルモン量の低下による“老化”のサインと言える。

朝倉氏は、「髪の乾燥・パサつき」を抑える効果が期待できるものとして「豆乳」をあげている。

さらに順天堂大学の白澤卓二教授によると、豆乳は髪に吸着しやすい保湿成分を多く含むため、髪の保湿対策においても効果が期待できるという。

ちなみに、豆乳よりも、豆乳を発酵させた豆乳発酵液のほうが保湿効果のある成分が多く生成される。

現在、豆乳の働きに着目した美髪メニューを取り入れるヘアサロンも登場しており、ヘアケアのアイテムの一つとして豆乳は注目されている。