FacebookがEC参入?「want」ボタン付き新機能をブランド・ショップがテスト運用

写真拡大

 Facebook(フェイスブック)が、ついにEC事業に乗り出すかもしれない。海外メディアによると、ブランドやEコマースサイトのFacebookページ上に公開された製品写真をクリックして購入に役立たせる新機能「Collections(コレクションズ)」のテスト運用を米国Facebookユーザー向けに10月8日(現地時間)からスタート。「Victoria's Secret(ヴィクトリアシークレット)」や「Michael Kors(マイケルコース)」など、EC先進分野のファッションを中心に計7つのブランド・ショップが参加している。

FacebookがECに参入?の画像を拡大

 「Collections」は従来の「写真」や「アルバム」とは異なり、各企業ページのニュースフィードに表示される製品写真に「Want」「Collect」「like」の新ボタンが登場し、各ボタンから欲しいものリストへの登録やユーザーのタイムラインへの表示ができるという仕組み。機能が似ているため、「『Pinterest(ピンタレスト)』への対抗では」という憶測も出ている。テスト運用には、「Victoria's Secret」や「Michael Kors」の他にも米国の高級デパート「Neiman Marcus(ニーマン・マーカス)」、Eコマースサイトからはファッションアイテムから雑貨、家具までデザイン性の高いプロダクトを提案する「Fab.com」が参加。新商品や人気商品の情報を手軽に共有できるFacebookの特性を活かした新機能になっている。

 現在のところ直接購入できる仕組みはなく、Facebook側はあくまで各企業の自社製品をアピールするための支援策としていると報じられているが、Facebookのユーザー数は9月に10億人を突破しており、ECをスタートさせた場合の母体は大きい。Facebook外部での購入は可能なため、近い将来はモール方式のEC事業参入もあるかもしれない。