「サラリーマン川柳コンクール」特設サイト

写真拡大

「久しぶり〜 名が出ないまま じゃあまたね〜」(シーゲ、2010年第1位作品)――第一生命保険は、「サラリーマン川柳コンクール」の募集を2012年10月10日に始めた。サラリーマン川柳コンクールは、日常生活の何気ない出来事をユーモアある川柳で表現した作品を募集するもので、1987年に始めて今回で第26回となる恒例行事だ。2011年の第1位の作品は「『宝くじ 当れば辞める』が 合言葉」(事務員A)だった。

特設サイト「サラ川 虎の巻」も公開

作品募集の締め切りは12月12日。同社が選んだ「全国優秀100作品」を2013年2月中旬から3月中旬に公表し、その中から全国投票で選ばれた「全国ベスト10」を2013年5月下旬に発表する。

全国ベスト10に入ると「トロフィー」「特別扇子セット(5本セット)」「受賞した句をしたためた色紙」「第26回サラ川傑作300選(小冊子)」がもらえるほか、応募した人の中から抽選で4500人にサラリーマン川柳オリジナルグッズがあたる。川柳の応募は、同社の「生涯設計デザイナー」を通じて配る所定の用紙や、郵送やインターネットを利用して行う。

また、募集期間中は特設サイト「サラ川 虎の巻」を公開しており、川柳の基本ルールや、「もっと楽しい句を作るための豆知識」などを紹介。過去の厳選された作品をキーワード検索できるサイト「サラ川 "この一句"」も開設した。応募URLは、

パソコンからはhttp://www.dai-ichi-life.co.jp

スマートフォン・携帯電話からはhttp://salasen-entry.jp/