ジブリのフリーペーパー『熱風』が電子書籍で無料配信、津田大介らの対談も

写真拡大

スタジオジブリが刊行しているフリーペーパー『熱風』10月号(10月10日発行)が、初の電子書籍として無料配信される。

今回の『熱風』10月号では、「本格化する電子出版」と題し識者や現場の人々に聞いた電子書籍の現状、未来についての特集を掲載。

電子出版の世界に精通している4人、ジャーナリストの津田大介氏、堀江貴文氏のメルマガ編集者・杉原光徳氏、夜間飛行の井之上達矢社長、ドワンゴの川上量生会長による対談も収録され、電子出版の内幕からこれからの方向性、またメルマガにもフォーカスを当て、それぞれの視点で語られている。

『熱風』は全国約40店の書店で無料配布されているが「手に入らない」という声も多く、今回は本特集に合わせ、初めての試みとして本号限定、筆者の了解を得たコンテンツの無料配信を決定。

こちらは、スタジオジブリの公式ホームページにて「電子書籍」として配信される。

ダウンロード形式はPDF、ePUB、10月10日10:00〜11月9日まで約1カ月間の期間限定コンテンツとなる。