福岡県博多で二つの灯り風景、灯明ウォッチングとライトアップウォーク

写真拡大

福岡県福岡市で博多の街をあかりで彩る2つのイベントが開催される。

「博多灯明ウォッチング」と「博多ライトアップウォーク」だ。

「博多灯明ウォッチング」の開催日時は10月20日(土)18:00〜21:00、「博多ライトアップウォーク」は11月21日(水)〜25日(日)の5日間、18:00〜21:00まで。

「博多灯明ウォッチング」は博多に古くから伝わる行事、「千灯明」を元に現代風にアレンジしたもの。

かつて博多の神社、寺では大竹を割った中に砂を敷き、その上に置いた貝殻に油を入れ、”こより”を芯に火を灯して並べ、家内安全などを祈願していたと言われている。

開催地区は、ベイサイドプレイス博多からJR博多駅までの広い地域。

およそ数万個もの灯明が飾られる。

主な開催場所は弘法大師が開いたと言われる「東長寺」、栄西禅師が開いた日本最初の禅寺「聖福寺」、「櫛田神社」、「藤田公園」。

「博多リバレイン」周辺では、福岡アジア美術館滞在作家による「灯明地上絵」を見ることが出来る。

一方、「博多ライトアップウォーク」は、寺社の建物や庭園をライトアップすることで、昼間とは違う博多の魅力を演出し、市民や観光客に歴史的景観を楽しんでもらおうというもの。

開催場所は「承天寺」、「東長寺」、「妙楽寺」、「櫛田神社」、「順心寺」、「博多小学校」、「節信院」、「円覚寺」の8カ所。

櫛田神社拝殿、承天寺方丈・開山堂、東長寺六角堂、妙楽寺開山堂はイベント開催期間に合わせ特別拝観となる。

さらに、九州各地から食べ物や産品の販売ブースが出店する「冷泉うまかもん市」、うどん、そば、まんじゅうといった博多発祥とされる食べ物が販売される「御供所夜市」、黒田藩に伝わる茶道「南方流」の作法によるお茶会が楽しめる「円覚寺茶会」(事前予約必要)ほかコンサートなども開催される。

「博多ライトアップウォーク」の入場料は当日券1,200円(8枚チケット)、800円(6枚チケット)、前売り券1,000円(8枚チケット)、600円(4枚チケット)。

そのほか、承天寺ライトアップコンサートや円覚寺茶会は有料。

イベント詳細は博多灯明ウォッチングHPおよび博多ライトアップウォークHPで確認を。