女性の高齢者は平均寿命まで生きたくない!? - 延命治療と余命に関する調査

写真拡大

老いの工学研究所は8月1日から31日にかけて、50〜86歳の男女を対象に「老後の充実について考える調査」を実施。

このほど結果を発表した。

同調査は高齢者分譲マンション事業を展開するディベロッパー各社の協力を得、高齢者分譲マンションの購入を検討していた人など約6,000人を対象に実施。

その中から「延命治療」「希望する寿命」の項目について回答した、約300 人のデータを発表している。

まず「心身の自立性が失われた場合、医療機器・医療行為による延命を望みますか?」と質問。

すると、「はい」と回答した人は全体で2.8%(男性3.6%、女性2.3%)にとどまった。

反対に望まない割合は全体で81.3%。

世代別に見ても同じような割合で、延命治療を望まない人が圧倒的に多いことが分かった。

続いて「自分の寿命として、何歳くらいを望んでいますか?(※)」と聞くと、男性はおおむね平均余命より長く生きることを希望していることが分かった。

しかし女性は、希望する余命が平均余命を各年代で下回っており、平均寿命まで生きたくはないと考えている様子がうかがえる。

※上記表組の「現在の年齢」は、回答者の年齢の平均。

「希望余命」は、「自分の寿命として、何歳くらいを望んでいますか?」という質問に対する回答の平均。

「平均余命」は「現在の年齢」を四捨五入し、2010年に厚生労働省が発表した第21回生命表に当てはめたもの