自己啓発書が描く現代の「ライフコース」-2-

写真拡大

■TOPIC-2 「分岐点」としての20代

前回示したとおり、近年は非常に多くの「年代本」が刊行されています。扱われる年代も、20代が最も多いものの、30代や40代を扱う書籍も決して少なくはありません。どうすれば、こうした「年代本」の総体をつかむことができるでしょうか。今回は以下のような基準で対象書籍を抽出することにします。

それは、「1人の著者が、1つの出版社で手がける、複数の年代を論じているシリーズ」を扱うことです。この基準をとることで、各年代についての議論の連続性と不連続性をよりつかむことができるようになると考えるのです。

もう少し説明が必要ですよね。この基準をとることの狙いは2つあります。1つは、20代論だけしか書いていない著者の書籍だけを見ても、それが本当に20代にのみ必要だとされることなのか、その著者が人生のどの時期においても必要だとすることなのかが判別できないため、それを避けるという狙いです。だから複数年代を扱う著者の書籍を見て、各年代固有のテーマを浮き彫りにしたいのです。

もう1つは、前回、千田琢哉さんが2年半で21冊もの「年代本」を手がけていると紹介したことに関連しています。つまり、「同じ著者が、違う出版社から、重複する内容の『年代本』を出版する」可能性を考慮するためです。同じ出版社から出た書籍に注目することで劇的に変わるとも言いきれませんが、同じ編集者とのやりとりのなかで、「今書いている30代論は、以前書いた20代論とどう違うんですか」といった各年代の切り分けがもっとも意識的になされるのが、同一出版社からの連作だと考えるのです。

今説明してきたような意図にもとづく基準から、今回は5人の著者の、計15冊の著作を抽出しました(表)。

千田さんと大塚寿さんが先の基準からずれているのは、まず千田さんの場合、複数の年代を論じた、同一出版社での連作はきこ書房から出ているのですが、千田さんの代表作で20万部以上売れている(千田さんのホームページ参照)『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』を扱っておきたいためです。大塚さんの場合、連作はダイヤモンド社から出ている30代・40代論なのですが、ほぼ同一の装丁で、またほぼ同一の観点から、PHP研究所から20代論が出ていたので追加しています。

連載では以後、20代論で2回、30代論と40代論で各1回ずつ、計4回を費やして「年代本」について考えていきます。また、煩雑になることを避けるため、書籍の引用を行うときは上表の「略称」欄に記載されている表記を用いることとします。たとえば「千田20b、1p」とある場合、『20代で伸びる人、沈む人』の1ページに書かれている、ということです。

20代論の中身に入る前に、各著者のプロフィールを確認しておきたいと思います。「このようなキャリアをたどったから著作の内容もこうなるのだ」という直線的な因果関係を論じられるとは思わないのですが、それでも、著作ごとの内容の違いについて解釈する一定の手がかりになると考えるためです。

まず千田さんは、コンサルタント会社を経て独立後、現在は「イノベーション・クリエイター」として、執筆・講演・社外顧問を中心に活動をされている方です。大塚さんは1962年生まれで、株式会社リクルート、アメリカへのMBA留学を経て独立し、現在は研修・コンサルタント会社の代表取締役となっています。川北義則さんは1935年生まれで、東京スポーツ新聞社を経て独立し、出版プロデューサーや評論家として活動されています。執筆活動歴は長く、1980年代から現在までに、150冊以上の著作を手がけています。概して言えば、この3名が「会社で働くこと」を中心に「年代本」を手がけていると言えます。

「会社で働くこと」を必ずしも自明としない生き方を論じるのが他の2名です。本田健さんは『ユダヤ人大富豪の教え』(大和書房、2003)でも有名な作家・実業家ですが、近年10代から50代までに関する「しておきたい17のこと」というシリーズを大和書房から次々に出版しています。年代のみならず性別も問わず、広く包含できる著述スタイルが特徴だといえます。井上裕之さんは「歯学博士・経営学博士・コーチ・セラピスト・経営コンサルタント」という肩書が著作の表紙に記載されており、非常に多面的に活動されている方です。井上さんは独自の一貫した枠組――「心から望んだことを自動的に達成する人生の羅針盤」(井上20、59p)としての「ライフコンパス」を身につけること――から各年代の生き方を論じています。

----------

『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』
 千田琢哉/きこ書房/2010年

『20代のうちに知っておきたい100の黄金ルール』
 大塚 寿/PHP研究所/2012年

『30代を後悔しない50のリスト』
 大塚 寿/ダイヤモンド社/2011年
『40代を後悔しない50のリスト』
 大塚 寿/ダイヤモンド社/2011年

『「30代」でやっておきたいこと』
 川北義則/三笠書房/2011年
『男が40代でやっておくべきこと』
 川北義則/三笠書房/2010年

『20代にしておきたい17のこと』
 本田 健/大和書房/2010年

『30代にしておきたい17のこと』
 本田 健/大和書房/2010年

『40代にしておきたい17のこと』
 本田 健/大和書房/2011年

『20代でやるべきこと、やってはいけないこと』
 井上裕之/フォレスト出版/2012年

『30代でやるべきこと、やってはいけないこと』
 井上裕之/フォレスト出版/2011年

『40代でやるべきこと、やってはいけないこと』
 井上裕之/フォレスト出版/2011年

----------

■20代論の共通項と矛盾

さて、まず20代論について見ていくことにしましょう。今回は、各著作の共通点に注目してみたいと思います。ほぼ同様に論じられている点としては、読書および自分自身の向上にお金を使うこと(自己投資)の重要性、人生の先輩としてのメンターの重要性などがあります。

より詳しく見ていきたい共通点として、今回はあと2点挙げたいと思います。1つめは、そもそも20代とはどのような時期であるのかという点です。基本的には各著作において、20代は無限の可能性がある時期なのだからとにかく何でもやってみよう、挫折や失敗もどんどんしようと語られています(注:以下、引用箇所における数字表記は、引用者によって全て算用数字に変えています)。

「あなたには無限の可能性がある。やりたいことは何でもできる。20代は少々の失敗やミスは、まだ許される年代である」(川北20、1p)
「10代や20代の挫折や失敗はむしろ勲章で、そこから這(は)い上がろうともがくからこそ、潜在能力が引き出され、人としての魅力が醸成(じょうせい)される」(大塚20、108p)

しかしその一方で、この20代こそが人生の分岐点だとも語られています。無限の可能性があるとされる一方で、後の人生を決定づける分岐点でもあるのが20代だとされるのです。

「20代の過ごし方で、その後の30年が決まる」(千田20b、4p)
「20代でやるべきことをやり尽くせば、数年が経って30代になったときに、あなたは周りの人とはまったく輝きの異なる人物になっています」(井上20、156p)
「どんな種をまくかで一生が決まってしまうわけですが、プレッシャーを感じる必要はありません」(大塚20、3p)

無限の可能性を有しながらも、のちの人生の分岐点となる20代。「プレッシャーを感じることはない」とは書かれていても、分岐点だとされることには変わりありません。

ここに「年代本」独特の矛盾が垣間見えます。つまり、実際にどの行動や経験が分岐点となるのか、どの挫折や失敗が後に生きてくるのか、これらは20代の時点では分からないということです。「出し惜しみをした人と全力疾走した人との差が顕在化するのは、30代になってからなのです」(大塚20、77p)とあるように、結局のところ、ある行動や経験の評価は事後的にしか行えないのです。

もちろん、それぞれの著者が、多くのビジネスマンの成功・失敗経験を踏まえたうえで各年代の課題が示されているわけですが、主張の根拠はあくまでも経験的な水準に留まっています。とはいえ、このように曖昧な、非実証的な部分を残すからこそ、まだ見ぬ未来の成功に向けて現時点での行動を促す「年代本」は次々と生まれてくるのかもしれません。

■恋愛はしても結婚はまだまだ?

もう一点とりあげたいのは、恋愛についての言及です。

「こと恋愛に関するかぎりは、20代がその黄金時代なのではないでしょうか。(中略)『あのときに告白しておけばよかった』という後悔だけは残してはいけません」(大塚20、194p)
「その人と一緒にいられたら死んでもいいというぐらい、一人の人を好きになれるかどうか。これこそ、20代にしかできないことだといってもいいかもしれません。まだ結婚まで考えなくてもいい……相手のことが好きだというだけでいける年代が20代なのです」(本田20、59p)

このように、情熱的な恋愛が20代のハイライトとしてしばしば語られているのですが、結婚までは論じられることがありません。厚生労働省の『人口動態統計』によれば、2011年時点での平均初婚年齢は男性30.7歳、女性29.0歳ですから、20代で結婚を論じることは必ずしも時期尚早ではないはずなのですが、「年代本」においては、結婚は20代の(今回扱う著作はいずれも男性の手によるものなので、少なくとも20代男性にとっての)課題ではないようなのです。川北義則さんはより直接的に「自分なりの結婚観を早く確立しよう」(川北20、166p)として、20代で行うべきことは「結婚観」の確立でよいと述べています。

また、恋愛論に関してもう1つ興味深いのは、恋愛と仕事の充実がしばしば一直線のものとして考えられていることです。たとえば「伸びる20代は、名もなく貧しい20代のころからモテる。異性が放っておかないのだ」「結果として、同期のマドンナと一度は交際することになるわけだ。これは偶然ではなく必然である」(千田20b、122-3p)というようにです。

ことの真偽は確かめようもありませんが、いずれにせよ言えるのは、成功者が仕事のみならず人間性のあらゆる面における勝者とされる二分法的思考がとられているということはできます。前回テーマの「心」関連書籍でも、自己啓発書が世の中を二分法で分けがちである傾向について指摘しましたが、パターンはさまざまにあれど、二分法は自己啓発書一般に通底するスタイルであるようです。

さて、ここまでは基本的な共通点を論じてきました。次回は、20代論を引き続いて素材にしながら、「年代本」が各年代の生き方をただ論じるばかりの書籍ジャンルではないということを考えてみたいと思います。

(牧野 智和=文)