「違和感しかない……」韓流歌手PSY「江南スタイル」日本デビュー無期限延期の裏事情

写真拡大

 動画配信サイト「YouTube」でPVの再生回数が4億回を突破し、全英チャート1位、全米チャート2位など欧米の音楽チャートを席巻し、いまや世界中で社会現象を巻き起こしているのが韓国人ラップ歌手・PSY(サイ)のヒット曲「江南スタイル」だ。

「PSYはバークリー音大出身のエリートミュージシャン。日本で人気の多くの韓流スターのように長身・イケメン・マッチョではなく、見た目はメタボな中年キャラにもかかわらず、“乗馬ダンス”と呼ばれる『江南スタイル』のダンスが注目され世界中で大ヒット。韓国国内ではライブチケットが即完売で、“ライブの皇帝”と呼ばれている」(韓国芸能界に詳しい芸能ライター)

 徐々に日本の情報番組や女性誌、ネットニュースなどもPSYを取り上げているだけに、東方神起、少女時代、KARAらの人気が爆発し、ここ数年はK-POPブームが巻き起こっている日本でいまだにCDデビューしていないのが不思議なくらいだが、実は、ひそかに日本でのCDデビューが無期限延期になっていたというのだ。

「PSYが所属するのはBIGBANGと同じ事務所の『YGエンターテインメント』で、所属レーベルは昨年YGとエイベックスが共同で設立した『YGEX』。今年1月にはYG所属歌手たちによる日本公演でお披露目されていたため、日本デビューにまったく支障はなく、9月26日にミニアルバムで日本デビューすることがエイベックスの公式サイトなどで告知されていた。日本デビューにあたっては、『江南スタイル』を日本語訳してタイトルを『六本木スタイル』にして収録する予定だったが、思わぬ世界的なヒットで『江南スタイル』としてそのまま収録するところまで決定し、韓国メディアでも報じられていた。ところが、いつの間にかエイベックスのサイトには『PSYに関して、誤った情報が上がってしまっておりましたことをお詫び致します。今後については、決定し次第YGEXオフィシャルサイトにて発表致します』と書き込まれており、どうやら、日本デビューが無期限延期になったようだ。その背景には、竹島をめぐる日韓関係の緊張もあるのではとささやかれていたのだが……」(音楽関係者)

 韓国メディアのこれまでの報道をまとめると、「江南スタイル」の世界的ヒットにより、PSYは9月初めにジャスティン・ビーバーやジェニファー・ロペスら超大物アーティストが所属するアメリカのレコードレーベル「アイランド・レコード」と契約。どうやら、日本での活動よりも本格的な全米進出を選んだことが、日本デビュー無期限延期の原因だったようだ。

 だが、こうした状況、日本での発売を予定していた「YGEX」は胸をなで下ろしているのだという。

「日本でも7月くらいからワイドショーなどで取り上げられ始めましたが、はっきり言って反応は最悪でした。ちょうど“K-POPゴリ押し”に対する反韓ムードが高まっていたころでしたし、『K-POP=美形』のイメージで売り出していたので、PSYの登場には違和感しかなかった。予定通り日本デビューしても、ほとんど売れなかったと思いますよ」(ワイドショー制作会社関係者)

 なおPSYは現在、アメリカを拠点にしており、日本での活動予定についてはまったく目処が立たない状態のようだ。