つくばエクスプレス最終便に接続、深夜急行バスを試験運行 - 関鉄グループ

写真拡大

関東鉄道グループの関鉄観光は19日より、つくばエクスプレスの守谷駅で下り最終列車に接続する深夜急行バスの試験運行を行う。

運行日は毎週金曜・土曜および祝前日の深夜(12月29日〜1月3日の深夜は運休)。

この深夜急行バスは、秋葉原駅0時18分発、守谷駅0時58分着のつくばエクスプレス下り最終列車の到着に合わせ、守谷駅東口2番乗り場を深夜1時10分に出発。

みらい平駅、高波、みどりの駅、万博記念公園駅を経由し、終点の研究学園駅に1時50分に到着する。

乗車は守谷駅東口のみで、途中からの乗車はできない。

運賃は800〜1,800円。

PASMOやSuicaなどのICカードでの乗車は不可。

なお、試験運行の終了時期は未定となっている。