「世の中に不満があるなら自分を変えろ! それが嫌なら、耳と目を閉じ口をつぐんで孤独に暮らせ。」

 これは『攻殻機動隊』シリーズの主人公・草薙素子が愚痴をだらだらと語り続ける少年に対して放った一言。アニメを見たことがなくても、思わずドキリとする台詞です。

 原作は、1989年に「ヤングマガジン海賊版」で士郎正宗氏によって描かれたSF漫画。多くの人間が電脳によってインターネットにアクセスできるようになるなど、科学技術が飛躍的に発達した2030年の日本が舞台。「公安9課」と呼ばれる未来都市の警察組織が怪奇事件の謎を解いていくストーリーです。

 SFで女性が主人公といった点でも珍しいこの作品。原作がはじまったのはもう20年以上も前にもかかわらず、まるで将来、実際にこのようなことが起きるのではないかと思わせるリアリティな世界観も人気のひとつです。

 その後1995年に映画化、また2002年にはテレビアニメ『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』が放映。そしてこのアニメを元にした漫画を「月刊ヤングマガジン」で衣谷遊氏が連載し、『攻殻機動隊』の新境地を確立。国内だけではなく世界中にファンを持つ日本を代表する作品となりました。そして、昨年には3Dアニメーションとして映画化され、まだまだ根強い人気を誇る同作品がゆえに、10月8日には、ついにパチンコになって登場。「新世紀 ぱちんこ攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」として全国展開されます。

 これを記念して、「笑い男からの挑戦状」というキャンペーンサイトが10月5日からスタート。同作品の人気キャラクター「笑い男」から出題されるタイピング問題に挑戦して、プレゼントに応募できるゲームとなっています。このタイピングゲーム、作品中で実際に使われた台詞が出題されるとのことなので「攻殻機動隊」ファンは、挑戦してみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
笑い男からの挑戦状
http://waraiotoko.jp 



『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (1) (KCデラックス)』
 著者:衣谷 遊
 出版社:講談社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
名前を知っているだけじゃもったいない! 古典名作『レ・ミゼラブル』
優秀なサッカー選手に共通する「受ける技術」を風間八宏氏が解説
【押忍!論壇女子部】第四回:『ギャルと不思議ちゃん論 女の子たちの三十年戦争』 出版記念トークショーに突撃!


■配信元
WEB本の雑誌