爆発的人気 JIL SANDERの「紙」バッグがオンラインストアで再販

写真拡大

 "高すぎる紙バッグ"と呼ばれながら爆発的な人気を誇り、あっという間に売り切れた「JIL SANDER(ジル・サンダー)」2012-13年秋冬メンズコレクションの「ペーパー・バッグ」が販売を再開した。27,300円という定価で買える最後のチャンスかもしれないため争奪戦が起きそうだが、現在でも購入可能となっている。

爆発的人気 JIL SANDERの「紙」バッグ再販の画像を拡大

 デザイナーRaf Simons(ラフ・シモンズ)が手がけた最後の「JIL SANDER」メンズコレクションに登場してからファッショニスタの高い関心を得た「ペーパー・バッグ」だが、人気のあまり発売後すぐに完売。あえて紙を使うという型にはまらない素材選びと「ジル・サンダーのペーパー・バッグは、毎日使うバッグのフォルムからスタイルの表現をしています」と言うように、あえて「そのまま」のデザインが今期の注目のアイテムとして絶大な人気を集めていたようだ。実際、顧客の予約が多く店頭に並ばなかったと噂され、"紙バッグ"ならぬ"神バッグ"とさえ言われるなど、全世界のオンラインショップを巡り探す人も多かった。
 
 しばらく在庫を切らしていた「ペーパー・バッグ」が、10月に入り公式ウェブサイト store.jilsander.com の「メンズ 12秋冬コレクション」上で再販がスタート。色はベージュとブラックだが、ベージュの方がより"紙"の個性を出せそうだ。恐らく"売り切れご免"のため、欲しい人は最後のチャンスかもしれない。