【閲覧注意】世界初!自分の腕で耳を培養して移植した女性

写真拡大


ジョンズ・ホプキンス大学医師団が、患者さん自身の腕で育てた耳を移植する試みに成功しました! 肋軟骨で全く新しい耳を作って移植する新しい治療法で、実用したのは世界初。

患者さんの名はシェリー・ウォルターズ(Sherrie Walters)さん、2008年アグレッシブな基底細胞がんにかかって耳・頭蓋骨・外耳道を部分切除した女性です。

欠けた耳は形成・再建外科医のパトリック・バイーン(Patrick Byrne)医学博士が切除し、シェリーさんの腕の皮下に埋め、数ヶ月かけて育てました。

そうなんですよ。数ヶ月待つと、欠けた耳が元のかたちにニョキニョキ伸びるんです! これを取り出して移植したんですが、写真を見ても手術後の腫れはまだ残っているものの、ちゃんと下まで耳が伸びてるのがわかります。いやー自分の目が信じられない!! 

バイーン博士(この治療法を行うのにピッタリの患者さんをずっと探し求めていた)はCBSの取材に対し、「私の見方では、時間さえ置けば腫れもひけ傷口も治って、見た目も普通とかわらない耳になると思います」と話していますよ。

そう言えば、


[CBS via Drudge]

Kyle Wagner(原文/satomi)