鉄道トリビア (171) 旧型電気機関車の前後にデッキがあった理由

写真拡大

寝台列車や貨物列車の先頭で活躍する電気機関車。

その車体はおもに箱型だが、最近はくさび形で速さやパワーを強調するデザインも増えてきた。

一方、国鉄時代中期までの電気機関車といえば、箱型のボディの前後に手すり付きの平台、いわゆる「デッキ」を備えた形式が多かった。

あのデッキは何のためにあり、どうしていまはないのだろうか?じつはデッキに想定された役割はなかったらしい。

言うなれば「飾り」のようなもの。

デッキを含めた車体前後の部分で重要だったのは、デッキの下にある車輪のほうだ。

電気機関車が誕生した当時は、蒸気機関車の設計思想が残っていた。

そのため、蒸気機関車と同じく、曲線区間で動輪の向きをレールに合わせるために「先輪」が設けられていた。

電気機関車の多くは車体が箱型だが、先輪の部分は左右に動くため、「箱」の下には入れられない。

そこで先輪は車体からはみ出させることにした。

電気機関車は両側に運転台があり、前後の両方向で高速運転が可能。

だから「先輪」も前後に設置された。

高速で運行する旅客列車用の機関車は先輪が2軸、牽引力を重視して低速な貨物用機関車は1軸だった。

ただ、先輪が車体の前後にはみ出すと、その上の空間がなんだかもったいない。

そこで先輪の上に平台を置き、手すりをつけた。

これがデッキと呼ばれる部分。

「あの空間がもったいないからなにか作っておこう」なんて冗談みたいな話だけど、どうやら真相らしい。

先輪の数に対応するから、旅客用機関車のデッキは広く、貨物用機関車のデッキは狭かった。

もっとも、「デッキはただの飾り」というだけではなかったようだ。

操車場で客車や貨車と連結する作業では作業員が便乗したし、保線作業で資材や道具を置くことも。

現在も入れ替え用のディーゼル機関車は、先輪がなくても小さなデッキを備えている。

だが入れ替え用途のない大型電気機関車のデッキは、やっぱり「飾り」の意味合いが強かったという。