思い出に残っているおもちゃは何ですか?



先日実家に帰省した際、裏の納屋の大掃除をすることに。すると納屋の古いタンスの上にどこかで見たことのあるロボットが転がっていました。それは子供のころ祖父に買ってもらった戦隊ロボのおもちゃ。毎日のように遊んでいたおもちゃだったので、とても懐かしい気持ちになりました。

さて、みなさんは思い出に残っている子供のころのおもちゃはありますか? アンケートで調査してみました。



調査期間:2012/5/28〜2012/5/31

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



まずはこんな質問をしてみました。



Q.子供のころのおもちゃで、いまでも忘れられない思い出のものはありますか?



はい……383人(38.3%)

いいえ……617人(61.7)



「思い出のおもちゃがある」と回答した読者は約4割ほどと意外と少ない数字に。



次に「思い出のおもちゃがある」と回答した読者に思い出のおもちゃは何か、そしてそのおもちゃにまつわるエピソードを聞いてみました。



●超合金のマジンガーZ

分解して元に戻せなくなった思い出が……(40歳/男性)



男の子のおもちゃでよくあるパターンです(笑)。同じ超合金のマジンガーZでも、



うれしすぎて大事にしたくて、箱から出すのに一週間かかった。(46歳/男性)



という回答もありました。同じおもちゃでも扱い方が正反対なのはおもしろいですね。



●おままごとセット

食材をマジックテープなどを使って張り合わせて、包丁で切るという遊び方が出来たり、大きめのガスコンロや食器など、いろいろとそろっていたセットでした。ここまでのセットは友達も持っていなくて、それがすごく自慢でしたね。(29歳/女性)



ほぼ同じ世代ですが、確かにこのおままごとセットは持っている人あまり多くありませんでしたね。持っている子の所には女の子が遊びに集まっていたような気がします。



●あむあむたまご(子供用の編み機)

CMを見るの度に欲しいと言っていてクリスマスに手紙付でもらった事がうれしかった。マフラーを作った記憶がある。(26歳/女性)

クリスマスプレゼントとしてもらったおもちゃはずっと覚えていますよね!



●ゲームボーイ

買ってもらった直後に、コーラをこぼし大泣きした記憶がある。あの時はほんとに悲しかった。(25歳/男性)



これは大泣きしてもおかしくないアクシデント(笑)



●シルバニアファミリー

シルバニアファミリーの小さい人形でよくおままごとのようなことをしていました。誕生日やクリスマスなどに買ってもらうのを楽しみにしていました。(26歳/女性)



シルバニアファミリーで遊んでいた女性は本当に多かったと思います。うちの妹も集めて遊んでいましたね。



●キティちゃんの聴診器

聴診器型のおもちゃで、体に当てると何パターンかキティがしゃべるものでした。家族みんなで遊んでいるとき、自分だけ嫌いな「お注射しましょう」というセリフに当たってしまい泣いたのを覚えています。(27歳/女性)



子供ながらにショックを受けますよね(笑)。でもそういうおもちゃに限ってよく覚えているもので……。



●ひみつのアッコちゃんの変身コンパクト

1,000回に1回くらい本当に変身できるのではと思いひそかに練習していた。(27歳/女性)



あるある(笑)。



●シュウォッチ

高橋名人に近づこうと皆、必死だった。数十年後、連打の真相を知って普通にへこんだのを覚えています(笑)。(32歳/男性)



ひたすらみんなで連打速度と回数を競っていましたよね……懐かしい。



●たまごっち

当時はどこに行っても品薄で手に入れるまで苦労したし、その苦労に親が付き合ってくれたことが今でも忘れられません。(26歳/女性)



すてきな思い出ですね。当時は本当に人気で手に入らなかったですし、相当苦労したことでしょう。



●レトロな赤ちゃんのぬいぐるみ

私が赤ちゃんのころに、亡くなったひいおばあちゃんに買ってもらったと聞いています。ずっと持ち歩いていたそうです。今でも大事にしまってあります!(23歳/女性)



このぬいぐるみがまたお子さんに受け継がれたりするといいですね。



●ファミコン

小学生のとき、父親に勉強をがんばるから買ってほしいとお願いして買ってもらえた。ファミコンばっかりして勉強はがんばれなかった。(31歳/男性)



ダメじゃないですか(笑)。



これら以外にも紹介しきれないほど多くの『思い出のおもちゃ』に関するエピソードが寄せられました。やはりみなさん小さいころのおもちゃにはさまざまな思い出やエピソードがあるようです。

もし子供のころのおもちゃが大事にとってある人は、ちょっと引っ張り出してみるのもいいかもしれませんね。忘れていた思い出がよみがえるかも!?



(貫井康徳@dcp)