昭和の残像 鉄道懐古写真 (63) 鶴見線の貨物列車、華やかなりし頃

写真拡大

今回は1970年代後半、まだまだ鶴見線貨物列車が元気だった頃の写真を紹介しましょう。

鶴見線が旅客営業を開始したのは、いまから82年前の1930(昭和5)年10月。

もともと1926(大正15)年、日本を代表する京浜工業地帯の貨物輸送を担う私鉄、鶴見臨港鉄道として浜川崎〜弁天橋間と支線が開業。

その後、扇町駅や鶴見駅へ延伸し、旅客営業が始まりました。

戦時中に国有化されて路線名が「鶴見線」となり、JRへと継承されています。

鶴見線の開業から現在に至るまで、一貫して続けられているのが貨物輸送です。

とくに戦後の高度経済成長期には、沿線の工場群への原料輸送と製品出荷が激増し、鶴見線の貨物輸送はピークを迎えます。

1962年には、浜川崎駅の発着トン数(貨物取扱量)が、当時の国鉄貨物取扱駅の中で1位を記録するほどでした。

その後、鉄道貨物の衰退とともに、鶴見線の貨物列車も減少。

現在、鶴見線で運転されている定期貨物列車は、扇町駅発着の石炭列車がたった1本のみ、しかも日曜運休。

他に不定期列車として、新芝浦駅発着の特大貨物と、安善駅発着のジェット燃料輸送が設定されているだけ、という寂しい状況となっています。

当時の鶴見線貨物列車の特徴は、ほとんどの列車が浜川崎駅のヤードにいったん入線し、扇町方面、安善・浅野方面、さらに枝葉のように延びる専用線へと運転されたことです。

当時の浜川崎駅は鶴見線貨物の重要拠点で、17本の着発線と入換え用のDD13が配置された機関区があり、頻繁に入換えを行っていました。

浜川崎駅発着の貨物列車で、現在は廃止された鶴見川口駅(貨物駅)まで運転されていたのが、硝子原料「ドロマイト」輸送の貨物列車でした。

この列車は、鶴見小野駅付近まで進入した後、スイッチバックして鶴見川口駅へ向かっていました。

その他、海芝浦駅付近では大物車、昭和駅付近ではDD13の入換えと、沿線に工場が密集する鶴見線ならではのシーンを見ることができました。

ネガの中からなんと、1枚の写真にDD13の3重連と単機、そしてEF65の計5両の機関車が映り込んでいる写真を見つけました。

当時の活気が伝わってきます。

珍列車の写真もありました。

鶴見線の貨物列車ではありませんが、日本鋼管(当時)専用鉄道を走行する列車です。

この専用鉄道は軌間1,067?で、ピーク時の総延長は50?以上、保有する機関車と貨車は合計600両を超えていたとのこと。

現在は廃止されています。

今回、紹介した写真は、すべて鶴見線の72系を撮影(当連載第42回・第43回参照)する合間に撮ったものです。

現在の鶴見線貨物列車の寂しい状況と比べると、当時の貨物列車の密度の濃さに、いまさらながら驚いてしまうのでした。