yoox.comの中国語版ECオープン 中国400の地域に配送・返品可能

写真拡大

 世界各国で複数のオンラインストアを展開するYOOXが、主力のバーチャルストア「yoox.com(ユークス・ドットコム)」の中国語版「yoox.cn」を開設した。9月に導入されたばかりのボイス機能「Speak & Shop™」を搭載し、アイテムを中国語で話しかけながら購入できるように工夫。中国のEC市場は2013年度にはアメリカを抜いて世界最大規模になると言われており、日本のEC事業各社も中国への進出が相次いでいる。

yoox.comの中国語版オープンの画像を拡大

 「yoox.cn」は、トップデザイナーによるカプセルコレクションからシーズンオフとなったアイテムまで幅広い商品を揃え、希望のカラーを声に出して検索できる機能「Speak & Shop™」を中国語対応で導入している。また、中国国内400を超える地域への配送にも対応しており、返品も可能になっている。YOOXグループは、2010年に立ち上げたファッションEC「emporioarmani.cn」で中国に進出。その後、有名ブランドの公式ミニオンラインストアを集積した「thecorner.com(ザ・コーナー・ドットコム)」を2011年にオープンさせ、今回グループ主軸のEC「yoox.cn」を開設したことで中国国内へ本格参入する。

 中国国内のEC市場は急成長しており、経済産業省が2012年2月に発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、 週に1〜2回以上ECを利用する人の割合が中国は42.1%と日本の7.4%を大きく上回った。日本国内のEC事業各社も中国への進出を加速させており、スタートトゥデイが2011年10月に自社サイト「ZOZOTOWN CHINA」を開設したのをはじめ、「magaseek(マガシーク)」を運営するマガシークは現地の大手総合ECプラットフォーム「V+」を運営する凡客誠品北京科技有限公司(=VANCL社)と6月に業務提携し、年内に同サイト内に「日本ファッション館」を開設予定としている。

■yoox.cn
 http://www.yoox.cn/