イマドキの若者、本音ではマイホームを持つことを欲している?

写真拡大

インターネットを利用した住宅情報の提供などを行っているホームアドバイザーは、同社調査機関「オウチーノ総研」を通じて、日本在住の20歳以上の男女974名を対象に、世代別「マイホーム購入意欲」を調査した。

調査期間は5月21日から5月27日。

「あなたが新入社員の頃、(将来、マイホームが欲しい)と思いましたか?」と尋ねたところ、「絶対に欲しい」と答えた人の割合が最も多かったのが「60代以上」で、27.5%だった。

以下、「40代(22.4%)」、「30代(21.1%)」、「50代(19.9%)」と続き、20代は17.6%と最も少なくなっている。

しかし、全5世代の中で「絶対に欲しい」、「どちらかと言うと欲しい」と答えた人の合計を見ると、1位の「60代以上(61.5%)」に続いて多かったのが、「20代」で60.2%だった。

このことから、「最近、住宅の取得に興味のない若者が急増している」と言われているが、彼らは「絶対に」という強い意志は見られないものの、本音では「マイホーム購入」を肯定的に捉えている人が多く、実際に言われているほど「マイホーム離れ」は進んでいないことが分かる。

また、世代ごとに「マイホームが欲しいと思った理由」を見てみると、20代の1位は「オリジナルな家に住みたい」だった。

具体的には「自分が設計に携わり、自分の住みやすいようにセレクトした住宅に住むことが夢だから」、「賃貸マンションや賃貸アパートは、リフォームが許可されているところが極めて少なく、いろいろビフォーアフターしたい自分にとっては、マイホームの方が人生を楽しめるから」などの意見があげられた。

このことから同社では、「ハウスメーカーによる大量生産の画一的な住宅ではなく、建築士やリフォーム会社、工務店などと共に、自らのライフスタイルに合った住宅を建てる若者も増えつつある。

そうした若者のライフスタイル意識が、『マイホーム離れ』を食い止めているのかもしれない」と分析している。



続きを読む