秋の連休や週末に、家族で旅行に行きたいところは?

写真拡大

マーケティングリサーチを行っているタイムカレントは、東京都在住で、10月から11月に家族旅行やレジャーに出掛ける予定がある20代から40代男女(既婚・子持ち)447名を対象に、「2012年秋の家族旅行とレジャーに関する意識調査」を行った。

調査期間は9月28日から9月30日。

「今年の秋(10から11月)の連休や週末などに、家族でどんな旅行やレジャーを予定していますか?」と尋ねたところ、最多は「国内旅行(1泊以内)(30.0%)」だった。

次いで「近場の日帰り旅行(自宅から50キロから100キロ圏内)(21.9%)」、「国内旅行(2泊以上)(17%)」、「自宅周辺のレジャー(自宅から50キロ圏内)(14.8%)」となっている。

「今年の秋(10から11月)の連休や週末などに、家族で出掛ける旅行・レジャーで、あなたが選びたいテーマは?」という質問では、1位「温泉(51.7%)」、2位「秋の味覚(37.8%)」、3位「紅葉狩り(30.6%)」となった。

属性別にみてみると、子供の年齢が「6歳以下」では、1位「温泉」に次いで2位に「遊園地・テーマパーク(37.9%)」が選ばれている。

また、子供の年齢が「18歳以上」では、「歴史・文化(28.0%)」が上位3テーマ(温泉、秋の味覚、紅葉狩り)に次いで4位に入るなど、子供の年齢に合わせて旅行やレジャーのテーマを選択している様子が窺える結果となった。

実際に出掛ける地名やスポットをフリーアンサーで聞いたところ、最も多かったのは「東京ディズニーリゾート」。

次いで「箱根」、「伊豆」、「軽井沢」、「沖縄」、「高尾山」などがあげられた。

そこで、「いま、あなたが都内および東京近郊で、注目しているスポットはどこですか?」という質問を同様にフリーアンサーで聞いたところ、1位「東京スカイツリー」、2位「東京駅」となり、以降「渋谷ヒカリエ」、「ダイバーシティ」、「三井アウトレットパーク木更津」と、今年に入ってできたスポットが顔を並べた。

なお、実際に行くスポットで1位だった「東京ディズニーリゾート」は6位にとどまっている。