アラフォー世代の9割が栄養ドリンクを飲用。エナジードリンクは若者向け!?

写真拡大

BIGLOBEは3日、同社が運営するアラフォー女性向けポータルサイト「Kirei Style(キレイスタイル)」において、「アラフォー世代の栄養ドリンク/エナジードリンク事情」の調査結果を公開した。

この調査は、ネットリサーチ・アンケート調査を手掛ける「クロス・マーケティング」による自主企画調査を元に、 BIGLOBE Kirei Style向けに独自の分析を提供したもの。

調査は8月16日〜17日に行われ、アラフォー女性(35〜44歳)172人、アラサー女性(25〜34歳)211人の計383人から回答を得た。

「最近1カ月以内に”栄養ドリンク”を飲んだことがあるか」との問いには、アラフォー女性の96.5%、アラサー女性の93.4%が「ある」と答えた。

対して「最近1カ月以内に”エナジードリンク”を飲んだことがあるか」との問いに「はい」と答えたのは、アラフォー女性23.8%に対し、アラサー女性は44.5%と差が出た。

いままでエナジードリンクを飲んだことがないアラフォー女性は46.5%だった。

「栄養ドリンクとエナジードリンクのイメージ」をアラフォー女性に聞いたところ、栄養ドリンクに対するイメージは「定番の」「親しみのある」「価格が手ごろ」など身近なイメージが並んだ。

対してエナジードリンクは「若者向け」のイメージが強かった。

「栄養ドリンクを飲むタイミングと選択の基準」を聞いたところ、「日中の休憩中」という答えが20.1%。

次いで「仕事の合間」が15.4%、「就寝前」が15.1%だった。

また「栄養ドリンクの銘柄を選ぶ基準」についての質問では、「2〜3の候補が決まっており、その中から買う」が35.5%ともっとも多かった。

次いで「毎回同じ」(24.4%)、「そのときの気分で買う銘柄を変える」(20.3%)と続いた。

本調査の詳細内容は「キレイスタイル”アラフォー総研”の調査結果発表ページ」で閲覧できる。