バスタオルは家族共用? それとも別? -「風呂上りのバスタオル共有」調査

写真拡大

マーケティング事業等を手掛ける「イーライフ」はこのほど、「風呂上りのバスタオル共有」に関するアンケート調査結果を発表した。

同調査は、同社が運営するクチコミプラットフォーム「buzzLife(バズライフ)」の会員を対象に、6月7日から10日まで実施。

1万6,293名の回答を得た。

「風呂上がりに身体を拭くバスタオル類を、家族で共有しているか」と聞いたところ、66.6%が「家族全員、別々のバスタオルを使う」と答えた。

「家族全員、同じバスタオルを使う」と答えた人は16.3%だった。

「家族全員、別々のバスタオルを使う」と答えた人の自由回答では、「一人一人乾いたタオルを使った方が気持ち良いから(40代男性)」「いくら夫婦、親子でも同じバスタオルを使うことは考えられないです。

不衛生な気がします(40代女性)」「好みのバスタオルがそれぞれあるので。

キャラだったり無地だったりふわふわだったり(30代女性)」「昔からの習慣です。

ぬれたバスタオルを使うのは嫌です(50代女性)」などの意見があがった。

対して「家族全員、同じバスタオルを使う」と答えた人の自由回答では、「家族だから別に気にしない」「洗濯物が増えるのは面倒だから、節約したいから」といった理由が多かった。

また「家族内のルール。

家族なので同じものを共有(考え方にも通じる)することで、一体感が生まれる。

他の家族との違いは、家族の仲の良しあしかな(30代男性)」「年頃の娘がいる家庭はと思っていましたが、うちの娘も高校2年生ですが共有で平気です(40代男性)」などがあがった。

なかには「主人と私は一緒で娘は別。

娘はまだ乳幼児で清潔なものを使用したいから(20代女性)」「母と子(幼児)は一緒にお風呂に入り、一緒に上がるので、まずは子を拭いてやった後に母が使う。

その他は各自使う(30代女性)」などの意見もあった。

アンケートの詳細報告は「バズライフ内”buzzリーダー白書”の該当ページ」で閲覧できる。