マネー小説 『Dekai! 出界!』 (6) 第1章(6)

写真拡大

累計5000億円を運用してきた元ファンド・マネージャーが、その膨大な知識と経験を生かし、これまでになかったマネー小説を、Web上で執筆します。

掲載最初の週である先週は平日毎日更新しました。

今週からは週1回の更新となります。

女性インタビュアーは柏木の発言を受けて、さらに質問をした。

「確かに米国は構造的に難しい状況に陥ったかもしれませんが、それに代わる成長のエンジンは生まれたのではないでしょうか? 中国や新興国はそうなってはいませんか?」柏木は軽く微笑みを作ってから答えた。

「エンジンのひとつであることは否定しません。

12億の人口を持つ国が豊かになるプロセスが世界経済に好影響を与えることは間違いありません。

しかし、あの国は米国とは経済構造が違います。

米国は内需成長型の国ですが、中国は外需成長型です。

つまり、輸出に大きく依存している。

将来のどこかで内需型に転換がなされるかもしれませんが、10年以内には不可能でしょう。

それに貯蓄率も高い。

つまり個人が消費に向けるエネルギーはまだまだ少ない。

世界を見回して米国と同じ内需型になっている新興国は……ブラジルだけですね。

ブラジルが米国の代わりになれば成長のメイン・エンジンになるでしょうが、まだまだその規模は小さい。

それを考えると……」柏木はそこまで言うと視線を落とし少し淋しげな顔つきになった。

自分の表情から結論を読み取って欲しいという態度に思われた。

その後も質疑応答は繰り返された。

特にユーロ圏の信用問題に時間が費やされ、柏木は丁寧に答えていった。

そして、話題は日本のことになった。

「ユーロ圏の信用問題もあって通貨では円が長期的な上昇傾向を続けていますが、ミスター・カシワギはこれについて、どのようにお考えですか?」「為替は本当に難しい。

どんな力学が通貨に働くかは永遠の謎と言っていいかもしれない。

でも、マネーのプロとしてそんなことを言ってはいられないですよね」柏木は笑いながら言ってから続けた。

「円という通貨を考えるには、逆説的な説明をしなくてはならないと考えています」一転、真剣な表情になった柏木にインタビュアーは小首を傾げた。

「逆説的?」「為替、つまり国家が発行する通貨の価値が何によって決まるのか。

あるべき姿として、国力によって通貨の強弱が決まるとしましょう。

すると、円という通貨を発行している日本という国の国力は強くなり続けていることになりますね。

でも、直感的にその等式は成り立たないとお感じになるでしょう?」「確かに日本経済の長期低迷とは異なりますね」「国力とは何で構成されているか? 私は、(1)政治力、(2)経済力、(3)軍事力、(4)ソフト・パワー、の四つの総合で構成されていると考えています。

この考え方に異論はないと思いますが?」女性インタビュアーは頷いた。

「ひとつずつ見てみましょう。

(1)の政治力には外交力も含まれます。

日本の現状は酷いものです。

政権交代後は混迷の連続で外交面でも戦後最悪の状況を作り出してしまった。

(2)の経済力は見ての通りです。

バブル崩壊以降、失われた20年は30年になりかねない。

(3)の軍事力は…周辺諸国の軍事増強の中で安全保障の米国頼みは否めません」「(4)のソフト・パワー、文化や芸術による対外発信力ですが…KAWAII以外に目立った発信は出来ていない。

すると、総合的に見て日本の国力が下がっているのは明白です。

では、何故日本が発行する通貨、円が上昇を続けるのか?」インタビュアーは身を乗り出し、柏木を見詰めた。

「私は今の世界経済の状況は1930年代と同じ状況だと考えています。

主要国が各々時間差でバブル崩壊を起こし、デフレ状態に陥っている。