茨城県筑波山は婚活パーティー元祖の地!? 「筑波山縁結びハイキング」開催

写真拡大

茨城県つくば市の筑波山で”結びつく”と題して「筑波山縁結び(婚活)ハイキング」が開催される。

開催日時は12月9日(日)08:20〜18:00まで。

参加者募集中だ。

参加費は男性5,000円、女性3,000円、募集人数は男女ともに45名ずつ計90名。

雨天決行だが、当日の状況により行程の一部を変更する場合がある。

筑波山は男体山、女体山の2つの峰からなる標高877メートルの山。

平野部にあり、周囲に高い山が無いため、独立峰のように目立つ存在で、山頂から伸びる稜線(りょうせん)のラインが美しい。

その山容は富士山と並び称されているほどで、日本百名山や日本百景の一つにも数えられている。

当日は、つくばエクスプレス「つくば駅」で受付の後、専用バスで筑波山に移動。

自己紹介をして、筑波山のパワースポットである「筑波山神社の御神木(大杉)」を見学、筑波山神社での縁結びの祈祷へと続く。

その後、筑波山ケーブルカーで山頂付近へ移動、筑波山をハイキングしてパワースポット「男女川源流・紫峰杉」、「大石重ね」を見学する。

主催者側で用意した昼食をはさみ、ハイキングを再開してパワースポット「ガマ石」を見学、女体山御本殿を参拝した後に筑波山ロープウェイで下山する。

下山後、筑波山京成ホテルでパーティ・フリータイム、その後筑波山ロープウェイで再度筑波山頂へ。

日が暮れた筑波山から夜景を鑑賞する。

筑波山での縁結びの歴史は古く、奈良時代初期、和銅6年(西暦713年)に編さんされた常陸国風土記や、万葉集に記録がある。

ちなみに、常陸国風土記成立の前年、和銅5年は古事記が完成した年だ。

奈良時代の筑波山縁結びハイキングのイベントの様子は「常陸国風土記」によると、「……紅葉が美しい秋に坂東諸国の男女が手を取り、連れだって神様への供え物を持ち、馬に乗ったり歩いたりして山に登り、楽しみ遊ぶ……」というもの。

さらに「万葉集」によれば山に入ったあと、「歌垣」と言われる縁結びパーティーが行われたとのこと。

まさしく婚活パーティーの元祖とも言える場所で、いにしえのロマンに心を寄せて楽しむことができる。

イベント詳細、注意事項など筑波観光鉄道株式会社のWEBサイトで確認のこと。